スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

EGO-WRAPPIN' memorial live 日本武道館

2017.02.28(Tue)

『2016 LIVE / EVENT』 Comment(0)Trackback(0)
はい、こんばんは。


そういえば近頃、音漏れを聴かなくなった気がする。
前は電車でもバスでも、窓に寄りかかる疲れてそうな若者の
イヤホンからは音漏れは付き物だったのに。
スチャラカ、スチャラカ。
あまり携帯音楽機器に興味がないので、
性能が良くなったのかな?と勝手に解決済みなのですが、
そうなると車からの音漏れが問題なのだ。
思ってる以上にドアは薄く、思ってる以上に外に聞こえている。

先日、歩いていたら、横を通り過ぎた「夜露死苦」系の車から
クラシックが大音量で漏れていて不可解な気持ちになったり、
会社の駐車場では後輩の車から
濁音でしか表現できないほどの轟音が漏れていたのだ。
大人しかった彼に何が起きたのか。
チャットモンチーが好きだって言ってたのに。

自分も気をつけなければならない。
仕事帰りのコンビニの駐車場、隣に止まった上司が車から降りて、
窓越しから手を振ってくれたのだけど、
たぶん漏れてたと思う…「結婚しようよ」。
ちなみにハンバートハンバートによるカバーだ。
最近も同じく漏れていただろうよ…「みずいろの雨」。
これに関しては中納良恵のカバーであることを強調したい。
人生で2番目に好きなシンガーは中納良恵さんです。
これは何回でも言っちゃうぜ。

そんな中納良恵が在籍する
EGO-WRAPPIN'の日本武道館ライヴに行ってきたのだ。

2017022801

2017022802
(↑20周年記念本には、森ラッピン×知久寿焼(元たま)×佐藤良成(ハンバートハンバート)の対談!)

いくら20周年記念だからって会場が大きすぎるでしょーよ。
と思うておりましたが、本人たちもインタヴューで
「日本武道館を目標にしてきたワケではない」みたいなことを言っていて、
あるライヴ動画(某レコード店の屋上かな?)を観たら
「チケット予約したよ!」という観客からの声に
「焦らなくても取れるでしょう!」と返してしまう(笑)。
そういう正直なところも含めて、やっぱ彼らが好きだ。

メモリアル・ライヴ。
彼らが(彼らに)関わってきた面々と言えば
魅力的なアーティストばかりで、これまで一緒に演った人を考えると、
今回は錚々たるゲストが出てくるかも?と
少し期待してたけど、良い意味で裏切られました。
お世話になっているドラマーを3人ゲストに招く構成。

そうだよね、その辺のチャラチャラした若手と違って
feat.を全員集合みたいなことはしないのだ。尖ってる!
それに20周年を記念したベスト盤にカバー盤が付いてるのに、
一曲もカバーを演らないというセットリストも尖ってる!
アンタたち、ギザギザハートの子守歌より尖ってますよ、マジで!
てか、ぜんぜん媚びてないんだよね。ホントかっこいい!



20年を振り返るような曲目は初期の音源も多かったりで、
個人的にずーっと生で聴けるのを楽しみにしてた
「Byrd」とか「水中の光」、そして一部分をアカペラで歌い上げた
「色彩のブルース」には鳥肌を立てて聴いておりました。
代表曲も ほぼ網羅してたし、武道館に負けてなかったと思う。
(ホントは顔の表情が見えるくらいの会場で観たいけどねー)

ただ、ワタクシ実は…、歌ってほしかった曲が一曲ありましてね。
是非これ(下の動画)を聴きたいので、
これまた会場に行かなきゃいけないなあーと思っていて、
21年目の彼らも追う決意をここに表明いたします!


というワケで本日は、
初期のミニ・アルバム(廃盤)収録曲であり、
メジャー1stアルバムで新しく録り直ししている歌。
20年を総括する上で、何故これを歌わなかったのか。
不思議でならないコチラを置いてどろんいたします!


EGO-WRAPPIN' 「Calling me」



そーいえば、会場には音楽好きの友人たちが別々で来ていて、
ステージ上で森ラッピンが「最後に一曲かけて良いですか?」つって
レコードに針を落とした曲を友人の一人が調べてくれました!
コチラだそうですよ、奥さま!

Margie Day / Much Too Long
https://youtu.be/CWafvUESSW0


ではでは!





スポンサーサイト

pagetop ↑

ワルツに躍る

2017.02.15(Wed)

『DIARY』 Comment(0)Trackback(0)
はい、こんばんは。


少し前にラジオで聞いたのですが、
海外の一部の若者の間では「リボンにチューンを入れる」
みたいな言い方をするんだとか。
なのそのカッコいい違和感。
リアルタイムじゃなかったからこそ思いつく言葉だと思う。
でも、こんな時代がくるなんて誰が想像しただろうか。

カセットテープ・ブーム。

データ化が進んで、ポケベルみたいなアイツで音楽を聴く時代。
もうCDとか形のあるものは要らないのかなァ…と
元CDショップ店員である身としては
ここ数年 少し淋しい気持ちでいて、
だけど最近はレコード(アナログ盤)の売上げが伸びてるらしく、
カセットテープも然り、
レトロな手触りを楽しむ時代になってきたのかも?
っつう勝手な解釈で落ち着いたオレなのです。
たしかレコードは低音が良質なんだっけね。

カセットテープ。好きだった。
一番好きだったのは74分テープ。
46分テープにも大変お世話になった。
60分テープは意外とバランスよく収まらない。
編集しまくってベスト・オブ・〇〇をたくさん録音した私です。
やってることが今と変わってない私であります。
ちなみにAXIA(アクシア)派でした。
メタル・ポジションって何だったんだ。
ま、いっか、そんなこと。

2017021501


「中目黒のカセットテープ専門店」
というドキドキする記事をSNSで見つけて以来、
ずっと気になってたwaltz(ワルツ)に行ってみた。

あたい、ナメてました。
大人になってからのカセットテープなんてさ、
好きなDJが選曲して繋げたミックス・テープくらいしか
ちゃんと触れてこなかったから、この品揃えに驚愕。

2017021502

2017021503


(↑気になる店内と店主のインタビューが見れます!)


例えば、キャロル・キングの「つづれおり」買いに行ぐべ~、
ビリー・ジョエルの「ストレンジャー」買いに行ぐべ~、に
対応できるほどアーティストの代表作が在庫されている!
もちろんカセットテープで。ジャンル(棚)ごとに。
中央に平置きで並べられてあるのは、
恐らく各国から取り寄せた新作カセットテープだと思う。

いやー、こんな とんでもないお店は、ほかにないよ。
まちがいなく世界で唯一でしょう。
そして誰もやらなかったことを
見事に形にした店主、素晴らしいっす!讃えます。

先日、ラジオで店主オススメの曲が流れてて、
即座にメモって動画サイトで検索したけど見つからなかった。
そうかー、カセットのみかー。追えない歯がゆさ。
次行くまでに安くていいからラジカセを買おう。
まずはそこからだな。


というワケで本日は、
カセットテープが載ったジャケット、何かあったよなあ…?と
ふと思い出したこちらを置いてどろんいたします!
HIPHOPとか苦手~って人も聴けるよコレ!


URBS&CUTEX 「Up&Down」  ※0:20あたりからスタート



ではでは!





pagetop ↑

everyone -ECHO UNITED-

2017.02.13(Mon)

『2016 LIVE / EVENT』 Comment(0)Trackback(0)
はい、こんばんは。


「周りに話しても伝わらないから。」
と言って、趣味を打ち明けない人が居る。
きっと一度は打ち明けたものの、
相手のリアクションが薄かったり
そのまま会話が広がりを見せなかったからだと思う。
わかる!
とくに音楽好きのワタクシは何度もソレを経験している。
打ちのめされている。血だらけだ。

会社の休憩時間にPCで動画を見ながら
「俺、ハナレグミとかエゴラッピンが好きで――」
「サケロックていうバンドの星野源が――」
と話してみたならば、「さっきから何言ってるんですか?」
と苦笑いされたことがある。血だらけだ。
んまあ、でも分からない人からすれば、
ちょっとした呪文にしか聞こえないかも知れない。(笑)
ハナレ グミサケロ クエゴラピン…

あのコは覚えているだろうか、
今すっかり時の人となった星野源を薦めていた先輩(俺)のことを。
名曲「くだらないの中に」が発売された頃の話だ。

伝わらなくても言い続けた方がいい。
「気の合う友達って、たくさんいるのさー、今は気付かないだけー」
と忌野清志郎パイセンも歌っておられる。
言い続けてると、そのうち誰かが気づいてくれる。
見つけてくれる。紹介してくれる。面白がってくれる。
そうやって何とか生きてきたワタクシです。(笑)

2017021201

同じような音楽を聴く仲で、
会うと「これ聴いた」とか「あれ観に行った」とか
情報交換が尽きない友人が去年、急にスイッチが入ったらしく、
Bar Byronで自主企画「everyone」を立ち上げ、二度開催!
どちらも「いいとこつくねえ~!」というバンドを呼び大成功!
そんな彼も音楽話で距離が縮んだひとりだ。

12月に行われた第二回の出演はECHO UNITED
メンバー全員が観客の心を躍らせる様々なバンドに在籍。
例えばベースの方は、パッと思い浮かぶだけで
3組以上のカッコいいバンドで音を鳴らしている。
そのほかも多忙なプレイヤーばかり。
スーパー・バンドでございます、ホントに!

2017021202

2017021203



SKAを軸にエキゾチック。
それでいてジワジワくる「和」っぽさと場末感。
なんなんでしょうね、このカッコよさは。
後半は少しアドリブを入れてるのかな?って思うほど
楽しげな表情で演奏しとりました。

お客さんも けっこう入ってたしなー
同じサイズのイベントをやることがある自分としては
ちょいとヤキモチですよっ!(笑)

そして、なにより!
主催である友人が一番楽しんでた!
前回は周りに止められるほど楽しんでた!(笑)
でも、主催者が楽しんでるイベントっていいよね!
きっと出演する側も、その方が うれしいはず。
また、いいとこついてくる第三回を期待してますよ、ワタクシは!


というワケで本日は、
ECHO UNITEDのギタリストでもある
長久保寛之さんソロ名義のこちらを置いてどろんいたします!
ディズニー「白雪姫」の曲をSKA調で夜っぽくカヴァー!
かっこええー


HIROYUKI NAGAKUBO 「someday my prince will come」



ではでは!





pagetop ↑

こまちだたまお原画展×PATISSERIE CUISSON

2017.02.10(Fri)

『ART / EXTHIBITION』 Comment(0)Trackback(0)
はい、こんばんは。


イラストが描ける人を尊敬してやまない。
というか、イラスト以外でも
自分にない技術や才能を持っている人を尊敬してやまない。
なので、なにも持ってないワタクシは、
ほぼほぼ「あんなこといいな できたらいいな」と
国民的アニメの歌詞を唱えながら生活しておるのです。
が、その作品を観たときに
気の利いた言葉を言えない残念な男なのだ。

むかーし、SNSを通じて知り合った絵描きさんが参加した
ポストカード展に行ったことがある。
会場をグルッと見て回ったあとに「はじめまして~」とご挨拶。
驚きと喜びからかハグも頂き、しばらく談笑。
すると彼は、俺が3~4枚持っていたポストカードに気づき
「なにかイイのあった?」と聞いてきたので、
「これ好きなんだよね~」と関心しながらソレを差し出してみたけど

何故あの時、手に持っていたにも関わらず、
彼のポストカードを「これが一番だよ!」と言わなかったのか。
時々、それを思い出しては気が利かない自分に落ち込むのです。

そんなこともあり、
仲良くしてもらっている作家さんであっても
「作品について何も言えないしなあ…」
「スゲー。しか言えないしなあ…」と思うと、
在廊日に行くかどうか少し考えちゃったりする。

2017021001

11月20日、お世話になっている先輩であり、
一宮にたまあーと創作工房を構える作家である
こまちださんの原画展に行ってきたのだ。

会場であるPATISSERIE CUISSONさんもお世話になってるし、
なんと言っても、この2人から出る同じ熱量(エネルギー)というか
良い意味で男前なところが好きだし、行かねば!と。

2017021002

2017021003

2017021004
(↑ナゾ多き男、オカモチスタ先輩が、珍しく?大活躍した缶バッチ。)


会期最終日。
気の利いたことを言えない自覚を持つワタクシは、
グルッと観てサッと帰ろう。と企んでいたのですが、
こまちださんの説明を聞きながら
相変わらずの「スゲー」を連発しつつ、うっかり長居。

というのも、イラストにある食べ物などのワンポイントに
色がついていたり、字になっている人物たちが
西洋の民族衣装を着ているのはCUISSONさんからの提案だという。
「この場所でやるからには!」という一体感。
「この場所でやるための!」という書き下ろし。
更に、今回のイラストはCUISSONさんのギフト・パッケージのデザインとして
今度も使われる(使われている)らしく、なんか、そういうイイなあーと。
そんなことを思いながらカフェラテを飲み干し、

2017021005
(↑イラストの参考にしたという民族衣装の本。)


んで、それ以外の話といえば、
「コ○エスタ八重樫さんが隣町に住んでるらしい!」とか
身近な世間話と、たまあーとの小さい生徒さんが
いつもと違う少し暗めの装いで作家モードだったこまちださんに
困惑して近寄らなかったり(笑)…
そんな時間を楽しませて頂きました。

そして今回、なにか気の利いたことを言えないものかと
ムズムズする俺は一つだけ突っ込んだのです。
「使ってる紙、ぐるぐる画の紙ですよね?」
…正解だった。良かった。なんかスッキリ(笑)。


というワケで本日は、
この日の会話にも登場したピチカート・ファイヴ。
「ピチカート・ワン」としてゲスト・ボーカルにYOUを迎え、
小西さんがセルフ・カバーしたこちらを置いてどろんいたします!
YOUの声、昔の8cmシングルを捨てられないくらい好き!


PIZZICATO ONE feat. YOU 「戦争は終わった」



ではでは!





pagetop ↑

Forest Jam Grande 2016

2017.02.05(Sun)

『2016 LIVE / EVENT』 Comment(0)Trackback(0)
はい、こんばんは。


ついに恐れていた連絡がきてしまった。同窓会の連絡だ。
会費10000円という信じられない高額設定。
そこだけ切り取ると、頭のいい高校を卒業した者たちが集まる
華やかでセレブなパーティーを想像しがちだけど、その真逆なのだ。
頭の悪い高校(ワタクシは男子クラス)だからこそ思いつくのか
コンパニオン付き、である。
久しぶりに会った友達と話したいのに
次なに飲みます~ぅ?とか言って会話に割り込むんじゃないよ!
どーでもいいんだよ野球拳なんか!
そんな残念な記憶しか残ってない。ヒドすぎる。
今回は行かないつもりなのだ。

わかってます。いくら同い年と言っても、
環境が変われば価値観も遊び方も変わるもんですよ。
お金と時間に余裕があれば出来るだけ楽しいことに使いたい。
オレの場合は音楽のある場所。
例えば野外フェスとか。

2017020501

去年11月に、いすみ市で4年ぶりに開催された音楽祭
Forest Jam Grande 2016はホントに充実していて
良い意味でお腹いっぱい、満たされ疲れしたほどでした。

2017020502
(↑RIDDIMATES)

2017020503
(↑金佑龍 キム・ウリョン)

2017020504
(↑光風&GREEN MASSIVE)


「全国各地を飛び回る実力派」と
「名前は知ってるけど観たことない」のバランスが絶妙で、
「お祭りのベテラン」から「今まさにグイグイきてる層」が
コンパクトな会場でひしめき合ってるイベントは、
関東でも数少なく、まちがいなく千葉ではココだけ。だと思う。

2017020505

ちなみに個人的なベストアクトはThe Minimalize meets 山崎円城
友人と談笑してたら
遠くから聞こえてくる不良(ワル)そうなベースの音!
あまりのカッコよさにステージ前は硬直状態で、
周りから出てくる言葉といえば「…やべえ」だった。

こーいうグッときた音楽に出会うと
「聴いてみなー、すごく良いよ!」と周りに言いふらす俺なのですが
残念ながら音源がレコードでしか発売されていないので
こればっかりは生で味わってほしい。

2017020506



生で味わってほしかったと言えば、
20代前半に何度かライヴを観に行ったことがあるトリオ
NOISE ON TRASHの この日限りの復活!
野外フェスらしい幅広いメンツの中に
異色で際立つ大人なオルタナティヴ!
こんな事件が成り立つのもForest Jamならでは!

その他にもSKA、ジャムバンド、歌もの…
色んなアーティストがいたけど、
やっぱり耳を持ってかれるのはアフロビート。

2017020507

2017020508

ここ数年アフロビートを取り入れたバンドが大好物。
2日間の大トリだったNAOITO BANDが凄えカッコよかった!
バンド解散後の彼からは少し耳が疎遠だったけど、
シャトルバスの最終時間が迫ってたので
最後まで観れなかったのが悔やまれる…。
まだ音源も出てないみたいだし、
この編成での動画はまだアップされてないもよう(嗚呼)

あと、スマートにアフロを聴かせてくれる
RIDDIMATESは安定のカッコよさでございました!
得意の?ステージから降りるパフォーマンスは
観てる側は何も出来ないんだけど、でも何かアガるんだよね!


というワケで本日は、
彼らの曲で一番好きなこちらを置いてどろんいたします!
今年もどこかで接近してくるブラス・サウンドを浴びたいところ!


RIDDIMATES 「Kazaana Song」



山のおんぶも一区切りしちゃったし、
 Forest Jam Grandeは4年ぶりだし、またやるかなァ~?
 もしやらなかったらワシみたいなヤツは
 何処へ遊びに行けばいいんだろう~?」

と、よく友人にこぼしてしていたのですが(←本当)、
今年は早くも日程が発表されております!!
去年 行けなかった人は今年ぜひ、森へ遊びに行きましょう!

2017011709

HP: http://www.forestjam.net/
Facebook: https://www.facebook.com/forestjam/


ではでは!





pagetop ↑

▼ プロフィール

ヨシモト・イシハラ

Author:ヨシモト・イシハラ
 
ただただ音楽中毒。
人格の95%を友達・音楽・
ライヴ・映画・お笑い…で構成。
残り5%は弱気。
もれなく喘息持ち。
そして激しく汗っかき。
いろいろ告知する男。

J-POP全般と洋楽HIPHOP、SOUL、WORLDを中心に
時々SOUND TRACKを聴きつつ
まだまだ、ひたすら耳は貪欲。

ヨッチャンと呼ばれ、
手書きでPOP書いたり、
看板書いたり、
たまにイベント仕掛けたり、
主に楽しい場所に出没。

嗚呼、愉しき我が心。

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QR

pagetop ↑

Copyright © 2017 ヨシモト・イシハラ all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。