スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

なつうた

2016.08.28(Sun)

『DIARY』 Comment(0)Trackback(0)
はい、こんばんは。


晴れたら猛暑、雨なら豪雨ってのは正直 困るけど、
それでもワタクシは夏が好きです。
脇汗がTシャツにアワアワと広がりを見せようが、
出先で大活躍だったタオルが
夕方頃に乾いて臭くなろうが、夏が好きだ。

そんな夏、日本の夏。
不意にラジオから流れてくる「真夏の果実」がスゴく効く。
うお!きたっ!て運転中に声を出してしまうほど。
四六時中も好きと言って、夢の中へ連れて行って。
言ったことも言われたこともねーけど。

もうひとつ、声を出して喜んでしまう歌がある。
UAの「スカートの砂」!
トントンッ!ていうイントロを聴くと、
そんな季節だな~って少しボリュームを上げたりする。
そのままスティールパンの音色が聞こえてきた頃には、
あぁアルバム聴きたい!つってCDを引っ張り出す決意をかため、
リピートに狂う夏がやってくるのだ。

蒸し暑さにも爽やかさにも対応できるような
傑作でございます、アルバム「turbo」!
りんご追分のカヴァーも秀逸!

IMG_3564 (1024x768)


んで、近頃グッときた夏歌がある。
あ…、「夏歌」っていう響き、なんか今っぽいね。
ナツウタ。…カタカナにすると急に軽すぎて説得力なくなっちゃう。
日本語って不思議だ。

曲紹介もなく、なんとなくラジオから流れてきたコレ!
Natsu Summerちゃん!夏全開の名前、素晴らしいっす!
いわゆる、巷で流行ってるシティ・ポップっていうジャンルと
レゲエ(ラヴァーズ・ロック)を上手く混ぜた、ゆる気持ち良い感じ!
(※タオルぶんぶん振り回す系のレゲエではない。)

IMG_3565 (754x1024)


これは音楽好きの友達に知らせなきゃ!と
4~5人の連絡したら、みんな好反応!
ひとりは「これイイね!レコード予約した!」、
ひとりは「ライヴ観に行っちゃった!」という報告と共に、
ご本人との2ショット写真が送られてきた(笑)

そしてそして!
みんなに拡散したワタクシと言えば!…買えてない(泣)
ライヴも観たいけどさー
レコードじゃなくてさー、CDでいいのにさー
いちばんフツーの形態を望んでるのに、
出かけたついでにCD屋さんを3軒まわったけど売ってない…。
悔しすぎる。誰より先なのに。誰より好きなのに。古内東子だよ。

新しいCDは、なるべくお店で買いたいんだけどなー。
でも夏が終わっちゃいそうだから、
そろそろポチッと押してしまおうかな。


というワケで本日は、
そんな欲しくて欲しくてたまらないコチラを置いてどろんいたします!
たくさんの人のサマー・アンセムになるといいね!
それにしても、タイトルまで夏全開なのな。


Natsu Summer 「夏・NATSU・夏」(ダイジェスト)



再び台風が近づいております。
先週のミンドゥル(←台風の名前ね)で、実家の車庫の屋根が
半分ボロボロになっております…。隣ん家も…。
通勤途中に道沿いにある小屋も吹っ飛ばされてました。
今回も かなり強力と聞いております。
名前は「ライオンロック」!! すんげえ強そうじゃん!
ちなみに「ミンドゥル」の意味は、たんぽぽ。

どうか、ケガや被害が大きくならず、無事でありますように。


ではでは。





スポンサーサイト

pagetop ↑

音の趣味 が お楽しみ

2016.08.14(Sun)

『DIARY』 Comment(0)Trackback(0)
はい、こんばんは。


ふとした瞬間に、という言葉を聞くと、
真っ先にZARDの「負けないで」が頭をよぎる。
と同時に、中学ん時にZARDを「ゼルダ」と読んだ
ヤマガタくんのことも思い出すのだ。

ローマ字読みにしか慣れてなかった
無邪気なガキんちょにしては、かっこいい間違え方だと思う。
たしかに そーいう読み方もありだな。そう思ったら、
それをネタに彼をイジることができなかった俺なのです。
そんなヤマガタくんは吉川晃司のファンだった(気がする)。

少し前に、若くして亡くなったシンガー=
AMY WINEHOUSE(エイミー・ワインハウス)が生前に作った
ミックス・テープの手書きリストがSNSで回ってきた。

aammyy (750x974)
(↑TOWER RECORD SOUL/CLUB/RAP twitter より)


これを見るかぎり、新しめの曲もあるけど、
ヴィンテージ感のあるソウルやジャズ・ボーカルもある!
なんか分かるわー。
歌手名とタイトルが左右グチャグチャなのも彼女らしくて良い!(笑)

そして他人のルーツ・ミュージック(音楽の趣味)って
改めて面白いなあーと思う近頃でありんす。
月イチ…いや、季節ごとでいいから「今これ聴いてるんだよねー」を
CD-Rに選曲して何人かと交換し合いたいくらい。
音楽好きな人って、なかなか前に出てこないから、
実は「なにこれ!?」ていうのを聴いてたりするんだよね。
いろいろ参考にさせて頂きたいところっす、新旧問わず。

IMG_3408 (1024x768)
(↑2015年の9月号、「心を穏やかにする、音楽と旅。」もオススメ!)


そこで先日発売された雑誌&Premium(9月号)が面白かった!
「ノスタルジックな、音楽と旅。」ていう特集で、
様々なジャンルの人たちが好きな音楽を
それにまつわるエピソードと共に紹介していて、
こういうのって好きなものが一緒だったりすると
勝手に親近感をおぼえちゃうんだよね(笑)

UA、中納良恵、横山剣、野宮真貴、細野晴臣、
長岡亮介(ペトロールズ)、MURO、U-Zhaan、
カフェのオーナー、音楽ライター…
色んな人の色んな紹介がある中で、大好きなシンガーが
自分がこれから買おうと思ってたものをあげていて、
こりゃあ、ほんと、嬉してたまらないっ!


というワケで本日は、
ラジオで流れていて即チェックして以来、
何度もリピートしているソレを置いてどろんいたします!
この季節にピッタリな、ゆるーいラヴァーズ・ロック!
ああー、遠くへ行きたい。ああー、夏を楽しみたい。


Louisa Mark 「KEEP IT LIKE IT IS」



なにやら、8/20から千葉劇場で
AMY WINEHOUSEのドキュメンタリー映画
AMY(エイミー)の上映が始まるとのこと!
どうしよ、シン・ゴジラより興味あり。


ではでは。


pagetop ↑

ぼくたちの青春

2016.08.01(Mon)

『DIARY』 Comment(0)Trackback(0)
はい、こんばんは。


「1970 ぼくたちの青春」、というドラマが好きだった。

当時、旬だった実力派の役者ぞろいだったのと
ドラマの雰囲気が好きすぎた。
高校ん時、それを知らなかった仲間内に、
録っていたオレのビデオが回覧され、
印象的な場面のひとつを真似してタバコに火をつけていた。
ちなみにオレは吸っていない。喘息持ちだからだ。

81YKl7s5CQLSL1500a (1024x768)

あのドラマ、今見たらあの頃よりも感動できると思うんだよね。
映像(DVD)化されていないのがホントに悔やまれる。
ドラマでは、映画「フォレスト・ガンプ」みたいに
古き良き洋楽ROCK / POPSが流れ、エンディングには
日本のGS、テンプターズの「エメラルドの伝説」と来たもんだ!

このドラマが放送されたのは1991年。中学二年。
ちょうど この頃から音楽に どハマり。 と言っても、
ただ自分の好きなモノばかりを追っかけていただけなので、
リアルタイムで聴き逃していたアレやコレの良さに
気づきはじめたのは ここ数年のこと。

そこで、先月発売された雑誌MUSIC MAGAZINE
音楽ライターや評論家50人が選ぶ90年代アルバム特集!
「ジャケットは知ってるけど、ちゃんと聴いたことないー」な作品が
ぎっちり掲載されていて、近々レンタルしに行こうか企み中。

IMG_3259 (1024x768)

時代的に渋谷系の名前が多い中で、
ソウル・フラワー・ユニオン関係のアルバムが
たくさん記事になっていたことが意外で、
やっぱり改めて聴き直さなきゃなあ~と。

天災が絶えない日本で、
91年の歌でありながら、多くの人の支えになり、
色んな人にカバーされ続けている「満月の夕」。沁みます。




んで、夏になると必ず聴きたくなる
スチャダラパーの「サマージャム'95」も90年代の名曲!
たくさん行きたいところがあるのに、
なぜだか何処にも行かなかった今日…。
どうしたの?と問われたならば、
♪それはあれだ 夏のせい~、つう感じです。


というワケで本日は、
発売から20年をこえて、今のシーンで人気のラッパーたちが
カバーしたこちらを置いてどろんいたします!
都合が悪くなったら、夏のせいにしちゃう曲(笑)。
タブラとラップ。ご本人たちもゲスト出演。ゆるオモロい!


鎮座DOPENESS×環ROY×U-Zhaan 「サマージャム'95」



あ。どーでもいいことですが、
時々スチャダラパーのANIに似ている、
と言われる俺なのです(笑)


ではでは。




pagetop ↑

▼ プロフィール

ヨシモト・イシハラ

Author:ヨシモト・イシハラ
 
ただただ音楽中毒。
人格の95%を友達・音楽・
ライヴ・映画・お笑い…で構成。
残り5%は弱気。
もれなく喘息持ち。
そして激しく汗っかき。
いろいろ告知する男。

J-POP全般と洋楽HIPHOP、SOUL、WORLDを中心に
時々SOUND TRACKを聴きつつ
まだまだ、ひたすら耳は貪欲。

ヨッチャンと呼ばれ、
手書きでPOP書いたり、
看板書いたり、
たまにイベント仕掛けたり、
主に楽しい場所に出没。

嗚呼、愉しき我が心。

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QR

pagetop ↑

Copyright © 2016 ヨシモト・イシハラ all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。