スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

大宮エリー絵画展

2015.02.21(Sat)

『ART / EXTHIBITION』 Comment(0)Trackback(0)
はい、こんにちは。


それが本望なのだ。

クラムボンが代々木公園でフリーライヴやるっていう大事件に
ギャーギャー1人で喜びをまいてたら、
友達4人が行ってたよ。会場に。
んで、誰よりいちばん騒いでたオレが行ってないっていうね。
ちと、やることあったから。
行った友達のうち一人はビール片手に持って
乾杯する気満々の写真を添付しながら
「え!なんで居ないの!?」って怒ってましたよ(笑)

いいじゃんか、観れたんだから!
しかも、その日のソレ、新作の特典DVDなるらしいじゃんか!!
自分がギャーギャー騒いだことで
誰かの何かに影響があったなら本望ってもんですよ!
きっと郁子ちゃんの声も さぞ青空にゆるゆる舞ったことでしょうよ。

2月某日は、そんな郁子ちゃんの声が
代官山のギャラリーのテレビからも聴こえてきたのだ。
というのは、emotional journey -大宮エリー、初の大絵画展-
行ってきたぜよ、という話。

photo

渋谷に用があるついでに、ちっとだけ行ってみんべやっ!と
方言まるだしで会場に立ち寄ってみたならば、
想像以上の作品の大きさに驚きつつ
各部屋・各階をぐるぐる見てまわり、
ライヴ・ペインティングなどを大好物とするワタクシは、
色んな角度からパシパシ撮ってみては感動のあまり「Wow!」などと、
慣れないイングリッシュが うっかり もれたりもするのでした。

photo

photo photo

むかし、ちょうど著書か何かを発売したタイミングで
大宮エリーという人に興味を持った時、
テレビでおすぎとピーコのどちらか(この際どっちでもいい)が、
「あのコはね、普通なのよ」と、「普通であること」を絶賛していて、
なんかソレに惹かれちゃって、
なんとなく個展・展示会に足を運ぶようになったんだけど、
普段 生活する中で誰もが思うことや抱えてる内側を
引き出して語りかけてるような。そんなイメージ。とくに女性目線かも。
いつかやった「言葉」が展示された企画は、
場内がかなり混んでてちゃんと読めなかったけど、
会場では涙してる女性もいたとか。

photo

photo photo

photo
(↑郁子ちゃんの演奏の横でライヴ・ペインティングした作品。TVからは、その時の映像が。)

多才なんだけど飾らず、一般人の目線だけど時々えぐってくる、
そんなアートを生み出す大宮エリーが好きなのだ。
今回の絵画展も内面が出てるような感じがしたもんね。
蒼い深海の中に「漢字」が沈んでたり。とか。

photo

photo

あと、考えてみたら、いつも好き勝手なタイミングで動くタイプなので、
「アート展」を人と見に行くのが今回初めてだったんだけど、
作品を見て「うわっ、コレすごいっ!」とか話しながら、
結果、脱線して全然カンケイない話をしたりしてるんだけど(笑)、
でも、なんか、たまには、そういうのもイイなあ、
なんて思えた楽しい時間なのでした。


というワケで本日は、
大宮エリーがMCを務めた音楽番組「ARTiST」
クラムボンの郁子ちゃんが出演したコレを置いてどろんいたします!
清志郎との共作!…ダメだ、コレ。泣きそうになる。


原田郁子 「銀河」




ではでは!



スポンサーサイト

pagetop ↑

globeが好きだ

2015.02.09(Mon)

『DIARY』 Comment(0)Trackback(0)
はい、こんばんは。


2年前の自分をさ、ほめてやりたい!
そんな気分ですよ今日は。

少し前に友人がFacebookにアップした
globeのアルバムの写真を見て以来、
ふとしたニュートラルな瞬間に…


「鏡に映ったあ!、あなたと2人っ」


ていうフレーズが頭をぐるぐるするのだ。もちろん高音で。
コレはねー、重罪だと思いますよー。
おかげでCDを引っ張り出しては、
懐メロ解禁の今日ですよ(笑)
と同時に、カラオケを原曲キーで歌い上げる女友達の横で
マーク・パンサーしてた思い出も引っ張り出しちゃってますよーー

photo1
(↑「Anytime smokin' cigarette」ていう歌が大好きで…大好きで…。)

んで、なにより2年前に
大々的な断捨離に踏み切ったにも関わらず、
このCDを処分しなかった自分をほめてやりたい!
華原朋美の「LOVE BRACE」さえも処分しなかった、
そんな自分をほめてやりたいよっ!!(←バカ。)

そういえば最近、友達がカラオケで歌う
「Precious Memories」(←名曲!)が妙に沁みるのは、
歌詞が等身大になったからかも知れない。
今日はうっかり、エイベックス系の懐メロに浸る夜になりそっす。
たまには、こんな日もイイすねー。

というワケで本日はこちらを置いてどろんいたします!


globe 「Precious Memories」



ではでは!



pagetop ↑

Golden Circle Vol.19

2015.02.07(Sat)

『2015 LIVE / EVENT』 Comment(2)Trackback(0)
はい、こんばんは。


大迷惑なんだよ!!
大迷惑です、やっぱ!
っていうのはユニコーン(奥田民生)が好きだ!って話。

「奥田民生」「CHARA」「UA」ていうキーワードは、
自分を含む30代半ば~40代のポップ・ミュージック好きには、
なんかもう擦り込まれちゃってる気がするのだ。
ぜったい反応しちゃうもの。
音楽雑誌やメディアの記事に「参加!」とか「出演決定!」を見ると
「ほえ~」て言いながら気になる。
「ほえ~」て言いながら買わないけど。
んで「すごいね」って言っちゃう。なんでだろ。
あ、ちなみにユニコーンの復活には「ほえ~」どころか
泣いて絶叫したけどね(笑)

金曜日は、通称:ぶちょーに誘われて、
寺岡呼人が主宰のGolden Circle Vol.19に行ってきたのだ。

photo1
(↑恐らく、20年ぶりに国立代々木競技場に足を運びました!)

ワシ、こう見えて体育会系で生きてきたタイプなので、
「ぶちょー」に呼ばれたら、そりゃあー、どんなに会社が
棚卸しでバタバタしてようが「押忍!」つって、
有休取って参加するってもんですよ。それを断ろうもんなら、
3年2ヶ月の過酷な一人旅、ですからね(なんつって)

奥田民生斉藤和義back number、に加えて
king ALL STARS(加山雄三)が出る
「Golden Circle」って聞けば、「ほえ~」でしょ、これは。
んで「アレでしょ?身内ノリで ゆるゆる遊びながら、
 主にカヴァーが中心だったりするんでしょ?」って
勝手な先入観で行ったら、代表曲が目白押し!
帰り道によくある「今日あの歌、演らなかったね~」
ていう会話の対象になりそうな あれこれが目白押し!

「マシマロ」「恋のかけら」「イージューライダー」。
「やさしくなりたい」「歌うたいのバラッド」
「ずっと好きだった」「歩いて帰ろう」…
惜しみなさにビックリだよ。

photo2
(↑当日、配布されたイベントの新聞。)

んで、正直、その日その時まで
「なぜ加山雄三?」って思っていたワタクシを許して頂きたい。
雄三パイセンが演奏しはじめた瞬間、
イベントがビシッと引き締まった感じがして圧巻でした。
こういうのを貫禄と呼ぶんでしょうね。
往年のテケテケも大人数で演奏すると分厚くてカッコよかった!


(↑Golden Circle Vol.10では、ユーミン×ゆず×桜井和寿×寺岡呼人の共演も!!)

そして今回の「Golden Circle vol.19」を観て、
完全に個人的な目線で印象深い場面が2つほど。

1つは、 「大迷惑」の破壊力。
出演者ほぼ全員で演った「大迷惑」、
イントロが始まった瞬間からの会場の一体感が凄まじかった。
26年前の歌とは思えない。

もう1つは、今回いちばん若手だったback numberが
MCタイムでも何でもないタイミングで客席に向けて発した
「僕の夢、叶ってるの分かります?」ていう言葉!
30代前半の彼らが、奥田民生や斉藤和義、そして加山雄三と
同じステージに立って、一緒に歌ってるなんて夢というか奇跡だよね。
神様が揃っちゃった、みたいな。
なぜか俺が「分かるよーー」つって深く頷いてしまいましたよ(笑)

強いて、もう1つ言うなら、
みんなで歌ってたとしても、民生ちゃんが歌うと、
そのパートが「民生の歌」になってしまう。
簡単に言うと原曲を食っちゃう。良い意味で。
そのスゴさは前々から知ってたけど、やっぱり今回もスゴかった!


というワケで本日は、
かなーーり大好きな一曲を置いてどろんいたします!
ユニコーンのアルバム曲では「甘い乳房」ていう歌が大好きだけど、
ソロのアルバム曲なら「股旅」に入ってるコレが好き!
7:51のライヴ動画だけど、
4:00あたりから最後まで鳴らすシビれるギターソロは必見!!


奥田民生 「手紙」




ではでは!



pagetop ↑

▼ プロフィール

ヨシモト・イシハラ

Author:ヨシモト・イシハラ
 
ただただ音楽中毒。
人格の95%を友達・音楽・
ライヴ・映画・お笑い…で構成。
残り5%は弱気。
もれなく喘息持ち。
そして激しく汗っかき。
いろいろ告知する男。

J-POP全般と洋楽HIPHOP、SOUL、WORLDを中心に
時々SOUND TRACKを聴きつつ
まだまだ、ひたすら耳は貪欲。

ヨッチャンと呼ばれ、
手書きでPOP書いたり、
看板書いたり、
たまにイベント仕掛けたり、
主に楽しい場所に出没。

嗚呼、愉しき我が心。

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QR

pagetop ↑

Copyright © 2015 ヨシモト・イシハラ all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。