スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

GREENROOM FESTIVAL 2014(2日目)

2014.08.27(Wed)

『2014 LIVE / EVENT』 Comment(0)Trackback(0)
はい、こんばんは。


突然 それは決まるのだ。

誰かが「流しそうめん」というキーワードを出そうもんなら、
間髪入れずに「いつやる?」っていう話になって、
瞬きの速さで日程が決まり、光の速さでソノ日がやってきた。

自分でも意外なことに、人生初の流しそうめんだったけど、
集う友人たちの「これ作ってきた~」や
「これ旅先で買ったヤツですけど~」
っていう美味しい食材が集まり、
瞬きの速さで決まったとは思えないクオリティーで
充実した時間になったのでした。

RIMG7043 (1024x768)

行動力のある本気のオトナが勢いで集まると、
凄まじい「粋(いき)」が生まれるんだなあ~って、少し感動。

先輩と友人夫婦、そして近所のメンバーの方々、
おかげさまで今年も夏が楽しいです!
ありがとうございます!
「勢い」って大事っすね!


そう、今年の夏は「勢い」なのだ。
いくつか音楽フェスに行ってるけど、
行くか行かないかは前日や当日に
「勢い」だけで決めたりしておる俺なのです。
う、まあ…言い換えると、早いうちに決意できなかった
優柔不断による最悪なパターンなんだけど。

んで、今年の音楽フェス、一発目は、
5月24~25日に横浜赤レンガ倉庫前で開催された
GREENROOM FESTIVAL 2014(2日目)!

GREENROOM FES 2014

RIMG5783 (1024x768) RIMG5790 (1024x768)

とにかく日頃の「外に出たい!音を浴びたい!」
っつう願望が溢れちゃって、
当日券の有無なんて分からないまま出発!
そして行ってみて大正解!
無事に当日券(リストバンド)を確保して
久々に足を踏み入れた大型フェス会場は人の数がスゴかった!
昼過ぎには芝生に座るのも難しいほど!

GREENROOM FES 2014

RIMG5801 (1024x768) RIMG5838 (1024x768)

早い時間からお酒を飲み始めたのもあって、
トップバッターのNabowaが気持ち良すぎ!
浮遊感たっぷりなヴァイオリンは
晴れてたら もっと良かったかも!




んで、やっぱ外で音楽を聴くって最高だなあー!って思いながら、
足元フワフワさせてトイレに向かってたら旧友に遭遇!
前日(1日目)から来ていたと聞いて、
うらやましさが隠せなかった自分のことを
酔っ払ってたけど今もハッキリ覚えておるのです。

それは前日に出演したエゴ・ラッピンが観たかったからであり
今だに観たくてたまらない。
ああー、観たい。でも叶わない。この思い。

RIMG5823 (1024x768)

今、色んなイベントでグイグイ知名度をあげているトレモノ
久々に観たけど、相変わらず盛り上げ上手だった
クィーン・オブ・レゲエ=PUSHIMねえさん!
「夏の夜」を聴いて以来、ラジオで流れたりすると
必ず耳が反応しちゃう片平里菜の弾き語りも初々しくてヨカッタ!


(↑この曲、バックを演奏してるのはOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND!)

そして個人的ベストアクトは、個性派のベテラン=Chara!!

いやー、ぜんぜん声が出てなかったー(笑)
でも、そんな事は、ほかのライヴやテレビで
観たり聴いたりしてるから、全く気にならない!
それどころか、それを上回る存在感と代表曲が目白押し!
ほとんどが全盛期の人気曲だったし、
アルバム「Junior Sweet」までの選曲に感動しまくりな俺!

バックを務める韻シストのスマートなグルーヴも良かったし、
名曲「ミルク」と「Swallowtail Butterfly」には、
ワタクシ、鳥肌立てて涙ぐんでしまいました!
数年ぶりに観たChara、最高だったなあー!
あんな選曲なら、また観たい!

RIMG5820 (1024x768)


というワケで本日は、
誰が聴いても遠い目をしてしまうくらいの名曲
「Swallowtail Butterfly」!…ではなく、
あまり知られていないのが勿体ない
大好きなコチラを置いてどろんいたします!
ベスト盤に入らないのが不思議なくらいだよ。


CHARA with 99 1/2 「チャラのブギ―シューズ」



ではでは!



スポンサーサイト

pagetop ↑

フルサン展

2014.08.18(Mon)

『ART / EXTHIBITION』 Comment(0)Trackback(0)
はい、こんばんは。


「ワイン、飲みてっす」
と、ワイン知識ゼロなくせに
そこそこ本気で言いまくってたら、
偶然にも絶妙なタイミングでワイン会の企画が立ち上がり
有難いお誘いを頂きましたので、
ウキウキしながら八千代市の
木工職人な先輩宅へオジャマしてきたのです!

八千代市でパンとワインを扱うお店
を営む友人がセレクトしたワインを、
ゆる~く談笑しながら味わうという、なんとも贅沢すぎる夜!

次の日に有休を取った身としては夏休みのようなひとときで、
すーぐ酔っ払っちゃって、2回グラス倒しちゃって、
なんなら赤ワインを自分に倒しちゃって、
洗濯してもらっちゃって、
珍しく誰よりも早く寝落ちしちゃって…
って、ここまで綴って分かりました。
あの日の俺、最低デシタ。

bongout (960x960)

気の利いた味の感想も言えず、
「これ飲みやすい!」だの「これ好き!」だの、
そんなことしか言えない自分が残念でならないのですが、

後日、その友人から
「ヨッチャンは○○で○○なワインが合うと思うよー」と、
酔っ払ってフワフワした記憶しか残ってなかった俺に、
ワインを選ぶための的確なアドバイスを頂きました!
やさしいー!ありがとうー!
今後もワイン、飲んでみます!
もうね、氷結は卒業するよ!俺!

一緒にワイワイした皆様も
楽しい晩をありがとうございました!是非また!


そして、そんな優しさとツンデレが紙一重の町=八千代市に、
こんなワタクシを導いてくれたのが、
木工職人な先輩なのだ。 カラフルな男である。

そのカラフルな男(以下:フルサン)は、
廃木材を使ってフレーム(作品)を作っているのですが、
5月21~25日、そのフレームたちと
ほかのアーティストとのコラボ作品などを集めた展示会が、
八千代市の大和田カフェさんで開催されたので、
ふらっと行ってきたのです。


フルサン展


RIMG5765 (1024x768)

かわいいデザインから、渋いデザイン、サイズも色々あったけど、
最終日前日(だと思う)に行ったら、
SOLDっていう札がたくさん貼ってありましたねー、
けっこう大きめのヤツも売れてました、さすがです!

RIMG5772 (1024x768)

RIMG5755 (1024x768) RIMG5743 (1024x768)

大和田カフェさんも、もっすごく大盛況だったようで、
連日混雑(空席)状況をSNSで報告するほど!

来る人 来る人と写真を撮ったり撮られたりしてたフルサンは、
ゆるキャラ以上の働きをしてたんじゃないか!?って思う。(笑)

RIMG5753 (1024x768)

RIMG5762 (1024x768) RIMG5719 (1024x768)
(↑ステンドグラス作品はNAI'Aさんとのコラボ。これイイですねー!)

んで、フレームの中の写真を見て
「なにこのメリーゴーランド!人が乗ってないじゃん!!」とか、
「ステンドグラスとの相性バッチリだなー!」とか、
わりと世間話をしながらゆるゆる時間を過ごしましたが、
実はコノ日、俺には野望があったのです。


コラボ。


行く前日、なにか絡めないかなー?って
風呂に入りながらボヤ~ッと考えてたら、
ヒュル!っと頭に浮かんだ言葉、「フル」3つ!
会場で書いてみました!

fullsun2 (960x714)

なにやら、気に入ってもらえたようで、
今現在Facebookページのカバー写真に使って頂いてます!
嬉しいけど、こんなんで良いのでしょうか?恐縮っす。

んでも、本当に実現させたかった野望はコレなんです!!
その時期、シュガーソルトカフェのイベント
コーヒーフェスタに関わらせて頂いていたので、
なんとな~く気持ちに余裕がなかったから書けなかったけど、
このブログのタイミングでPOPを書いてみました!

実はアノ日、このフレームを買った時点で野望は始まってました!
かな~り時間が経っちゃいましたけど。コラボ!
ここで、こんなブログで、初公開!

fullsun6 (1024x768)

なんかアレですね、ブログで発表とか、いいですねー。
うかれた芸能人みたいで。(笑)

んな感じで、
フルサン展おめでとうございましたー!
連日おつかれさまでしたー!
コレあげまーす!


というワケで本日は、
同じく八千代市にある
オルタナティヴな不動産屋=daibeamさんに
先日ふらっと寄らせて頂いたとき、
社長とSKA話で盛り上がって嬉しかったので、
伝説のJapanese SKA BANDのコチラを置いてどろんいたします!
一度でいいから生で観たかったなー


DETERMINATIONS



最近、ちょいちょいブログを読んでくれてる人がいるようで
なんだか嬉しいような恥ずかしいような感じですが(笑)
ひとまず週一回の更新を目指して、
できれば「昨日〇〇に行ってきました」みたいな
タイムリーな内容に切り替えられるように、
進めてゆきたいと思います!(たぶん無理だけど)


ではでは!



pagetop ↑

コーヒーフェスタに音楽を

2014.08.09(Sat)

『DIARY』 Comment(0)Trackback(0)
はい、こんにちは。


「音楽は宝箱だ」
昔、友達が言ったコノ言葉を今も大事にしている。
音楽を聴くとその当時の思い出が溢れてくる、という意味だ。

先日、部屋の掃除をしてたら、
少し汚れたリンドバーグがお目見え。音トビしてるヤツ。
中学二年生の頃のアルバムである。

LINDBERG (1024x768)

ふと再生してみると、懐かしさが込み上げてきて同級生にメール。

「うわ、懐かしいね~!」
「これコヤスさんに貸したらキズついて返ってきてさー」
「その話、覚えてるよ!」

そんな楽しいやり取りが続いた頃に、
スピーカーから聴こえてきたのは音トビの、チュン!である。
大好きな13曲目でチュン!と鳴るのだ。
「音楽は宝箱」だ。 思い出が溢れてくるのだ。
当時の音トビの衝撃やイラッとした感情も、
ちゃんと甦ってきちゃうのですね…(苦笑)。
「弁償してよ」なんてヤクザなことを言ったのは
後にも先にもコノ時だけです。
ああー、懐かしすぎる(遠い目)。
んまあ、どうでもいいのです、そんな青い時代の話は。


今年初めに、ひょんなキッカケで、
一宮を拠点にトートバッグ制作と
写真家として活動する先輩=Sea Side Pageさんの
展示会・受注会のBGM(選曲)を担当させて頂いたのですが、
(その時の記事はコチラ)
その嬉しさを一人でギャーギャー騒いでいたら、
焙煎香房 抱(HUG)さんが目に(耳に)留めてくださり、

5月17日、いすみ市のカフェgreen+さんで行われた
珈琲がメインのイベントコーヒーフェスタ Vol.2
BGM(選曲)を担当させて頂くことになりました!
ホントこういう機会は奇跡としか言いようがないです!
ありがとうございました!

天気も時間の流れも、3ヶ月経った今なお
時々思い返すくらい良いイベントでした!
(Vol.1の記事はコチラ)

RIMG5503 (1024x768)


「コーヒーに似合う音楽」。
考えてみたら、珈琲といえば缶コーヒー、または、
あぶない刑事でタカとユージが何かを企んでる時に飲んでいるもの。
…その程度の認識しかない俺に何ができようかと。

RIMG5511 (1024x768)

RIMG5493 (1024x768) RIMG5592 (1024x768)
(↑会場はオープン時間ちょうどから、にぎわってました!)

そもそも珈琲好きの方々は珈琲時間に何を聴いてるんでしょうね?
珈琲に詳しくない上に考えたこともないから、
本や雑誌をのぞいて見たけど、
どれも「ボサノヴァ」や「ジャズ」ばかり。
だからって、そーいうのばっかりを選曲すればいいかっつうと
ソレは絶対に面白くないなあーって思うし、

RIMG5582 (1024x768)

じゃあ、直接お店に行けば、流れてるものが参考になるかも!
って変な閃きで珈琲屋さんに足を運んでみると、
意外と何でもありなんですよね。
其々のお店が、其々の店主の趣味を流してる、という感じ。
ビートルズっぽいのとか
クラブ・ミュージックやジャック・ジョンソン。ほんと色々。
つうかBGMを偵察しにお店に行く俺って、一体なんなんでしょう?(笑)

RIMG5697 (1024x768) RIMG5655 (1024x768)

RIMG5650 (1024x768) RIMG5660 (1024x768)

んで、なにか「コーヒー・ソング」があったらいいなーって、
ふと浮かんだのが畠山美由紀&小池龍平のアルバム
Coffee&Musicからの一曲、「Drip For Smile」!



この曲に辿り着いてからは、選曲スイッチが一気に入って、
部屋中にCDをひっ散らかしての集中作業。
これが楽しいんですよねー、根が暗いから(笑)

RIMG5682 (1024x768)

RIMG5601 (1024x768) coffeefesta7 (2) (1024x768)
(↑利きコーヒーと、それぞれの特徴が書かれた「味覚の地図」。)

当日は会場で、お客さんと出店者さんの間で、
味のことは勿論、豆や焙煎についてなどなど…
ハイカラな談笑が交わされるのを考えると(←なんなんだ、ハイカラって。)
ノリがいい曲はジャマになるから避けたいよね。
でも「利きコーヒー」企画もあるので
けっこう賑やかになるかも?って考えると、静かすぎる曲は避けたい。
とか、あーだこーだをぐるぐるさせて選んだ全16曲、約64分。

爽やかな朝夕から まどろむ夜になっていくようなイメージで、
ポップス、ボサノヴァ、レゲエ、フリーソウル…などを構成してみました。
いつの珈琲時間にもハマるような落ち着いた内容にできたと思います。

coffeefesta10 (1024x768)


焙煎香房 抱(HUG)さんが
何気ない会話の中でおっしゃっていた(と思う)、
「普段、珈琲を飲む習慣がない人にも、
 このイベントを通じて興味を持ってもらえたらいいなあ」
ていう言葉が、スゴく印象に残っていて、

いつもお店では聞けない話や
なかなか見ることができない器具なんかも
近い距離で楽しめるコーヒーフェスタは、
色んな角度から珈琲に興味を持てる最短コースだと思う。

今後も会場を転々としながら、
不定期で開催していく予定のコーヒーフェスタ!
興味のある方はFacebookページをご確認あれ!!


というワケで本日は、
「珈琲でも飲みながら話をしよう」ていう歌詞があって、
最後まで迷った結果、CDに入れなかった
コチラの歌を置いてどろんいたします!
トム・ウェイツはアルバム単位で聴くのが一番だと思うから。


Tom Waits 「MARTHA」



直接イベントに関わることって、あんまりないけど、
このコーヒーフェスタに参加できたことは今年最大の自慢です。
もう言い切っちゃう!

あの日の緑と青空、人の笑い声、時間の流れ。
なにより、コレは完全に個人的だけど、
関係者ほぼ全員が今回のBGMについて言葉をくださいました。
こんなことって、後にも先にもないんじゃないかな?って思うし、
本当に嬉しかったです。

焙煎香房 抱(HUG)さま、
モバイルカフェ福笑屋(ふくみや)さま、
コーヒーくろねこ舎さま、藁珈琲洞さま、
green+さま、もみじの手さま、mamさま、
ボランティア・スタッフの皆さま、

だいぶ遅くなりましたが、おつかれさまでした!
そして楽しい機会をありがとうございました!

音楽は宝箱。
選曲した一曲一曲が、
あの日を思い出す大切なものになりました。


音楽を好きで良かった。
今日も音楽と人に救われてます。


ではでは!



pagetop ↑

▼ プロフィール

ヨシモト・イシハラ

Author:ヨシモト・イシハラ
 
ただただ音楽中毒。
人格の95%を友達・音楽・
ライヴ・映画・お笑い…で構成。
残り5%は弱気。
もれなく喘息持ち。
そして激しく汗っかき。
いろいろ告知する男。

J-POP全般と洋楽HIPHOP、SOUL、WORLDを中心に
時々SOUND TRACKを聴きつつ
まだまだ、ひたすら耳は貪欲。

ヨッチャンと呼ばれ、
手書きでPOP書いたり、
看板書いたり、
たまにイベント仕掛けたり、
主に楽しい場所に出没。

嗚呼、愉しき我が心。

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QR

pagetop ↑

Copyright © 2014 ヨシモト・イシハラ all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。