スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

山のおんぶ2015、よみがえる。

2016.01.10(Sun)

『2015 LIVE / EVENT』 Comment(0)Trackback(0)
はい、こんばんは。


わたくしも会場で少しだけお手伝いさせて頂いている
千葉を代表する森の宴山のおんぶ
ダイジェスト映像が公開されたもよう!

よみがえる、山のおんぶ2015。

yama2015a (768x1024)

前回、撮影・編集を手がけていた
WILDLEMON aka 山根晋くんが当日 会場内での
KIZUKI THEATERに関わっていたので、
「今年は誰も撮ってないのかな?」って思ってましたが、
そんな心配は必要ありませんでした!さすがっ!
映像も音も素ん晴らしい!



前夜祭・ムシオクリ

天気の心配もなく安定した空気が公園内に満ちていて、
いつも一瞬で終わってしまう炎も、気のせいか
いつもより少し長く燃えていたようにも感じたムシオクリ
宮内優里さんの演奏・音楽に感情があおられたのか、
緊張感と感動のとき。





体験型音楽祭 山のおんぶ

関係者はもちろん、出店者やお客さんの「待ってました!」が
溢れすぎてる会場は空の青と、森の緑と、人の笑顔。
昨年11月に更新された 山のおんぶのブログ
「来年(2016年)が最後」という発表がされているだけに、
通常通りの山のおんぶが見れるこの映像は
貴重な記録になるんじゃないかと思う。





森のウエディング in 山のおんぶ

山のおんぶにはウエディングがある。
デッキエリアの階段を下りる流れなので、
わたくしはデッキエリアの下にて
階段を上ろうとするお客さんを止める係でしたが、
あまり詳細を聞いてなかったので、
新郎新婦と共に 当日ライヴ出演のトリオ
Keihoが歌いながら下りてくる演出にビックリ!
そして関係者ほど、なかなか見るタイミングのない
このウエディングが見れるのは とてもうれしい。




後日、その場にいた某靴職人から
「あのときの歌が良かった」という感想が聞こえてきて、
かなり気になってましたが、動画内で使われている歌は
ひょっとしたら、その時の歌なのかも。


すばらしいな、山のおんぶ。
そんな山のおんぶは、今年(2016年)が最後
その動向から目を離すなかれ!


ではでは。



スポンサーサイト

pagetop ↑

THE PIANO ERA 2015

2016.01.06(Wed)

『2015 LIVE / EVENT』 Comment(0)Trackback(0)
はい、こんばんは。


11月28日のことだ。

いつも野外イベントやフェス会場でビールや氷結を持って
ウロウロ、フワフワしているような俺が踏み入れていいのか、
ちょっとビビりながら足を運んでみたのは、そう、
11月後半…年末ならではの「第九」、である。(ウソ)

aa (677x960)


最近、少しだけ興味を持ちはじめた「ピアノ」がメインのイベント
THE PIANO ERA 2015が、2年ぶりに開催っつうんで、
めぐろパーシモンホールに行ってきたのです。

IMG_0758.jpg


実は、去年から、じわじわピアノの音にヤラれており、
友達が営む某雑貨屋さんの音楽を選曲させて頂いた初夏頃には
完全に その影響が色濃く出まくっていたのでした(笑)

例えば、曲はもちろん 映像も素敵すぎるコレ。選曲しとりました。




しかしアレですよ。
ホームページを見ると2日間通し券が完売!
ピアノがメインっつうクラシカルな世界に初めて飛び込むには…、
というか無料や格安イベントに慣れてしまったワタクシには、
1日券だけでも高級なのに、こういう音楽を聴く方々ってのは
やっぱ、アレですか…。 そうか、アレなのだな…。

IMG_0761.jpg


そして、久しぶりに座りながら観る聴く演奏、音楽は、
エレガントだし、綺麗だし、心地よい、(時々、眠気も誘う)。
時に踊るように身体で弾く高木正勝
丁寧に魅せる(聴かせる)阿部海太郎
haruka nakamuraは暗すぎて2階席からでは見えず残念)、
三者三様のライヴだったように思う。
個人的には高木正勝が一番良かった!
演奏中に流れる映像も、パフォーマンスも。
(うっわー、ボキャブラリーの無さを痛感する感想だなコレ。汗)


んで、この日 気づいた事といえば、
一気に何組も観て「ほほー、いいね!」て入り込めるほど
全く慣れてない、まだ大人になれてない自分ね(笑)
もう少しコンパクトな会場から、
この大人な世界へ近づいて行こうかな。


というワケで本日は、
教会でのライヴなんて行ってみたいなあーとか思いながら、
聴いてるだけで勝手に映画のワンシーンや
物語を浮かべてしまうコチラを置いてどろんいたします!
オリジナルなのに、このサントラ感。すばらしい。


阿部海太郎 「バスティーユのアメモヨイ」



今思えば、2日目に出演したヘニング・シュミート
某珈琲屋さんで「今流れてるの誰ですか?」って聞いて
教えてもらったピアニストだったし、
1月30日には、茨城・つくばで以前から気になってた
トウヤマタケオのライヴがあるという情報を入手!
今年も周りとコミュニケーションを取りながら
色んな音楽にアンテナ立てて行こうと思う。



ではでは!





pagetop ↑

いろは会ミュージックフェス

2015.12.16(Wed)

『2015 LIVE / EVENT』 Comment(0)Trackback(0)
はい、こんばんは。


世の中が話題騒然の真っ只中で
悲しい報告をしなければならないのだ。
実はワタクシ…

スター・◯ォーズ、観たことねっす。

なんでかなー、なんでだろー。こういうド偉いヒット作を観ずに、
いつも少数派なものばかりに目がいってしまうのだ。
なんなら先週ようやく南極料理人をDVDで観たところだ。
ズレている。んな事ぁ 知ってるよ。

そんなズレてるワタクシのような人種に
日本テレビさまはとても優しい。
12月18日よりシリーズ全作を放送なんですと!
これを機に、そっちの世界へ踏み入れてみたいと考えております。


そして10月31日、浅草のいろは会商店街にて、
ずっと観たかった映画をようやく観ることが出来ました!
スーパーローカルヒーロー

musicfes3 (1024x768)



アーティストから絶大な人気を誇る
広島県尾道市にある古民家を使った小さいCD屋れいこう堂
出演者に好きなアーティストの名前が連なってるしー、
CD屋さんの話だしー、って気持ちをイイ意味で裏切られる作品。
店主の日常・行動力・周りとの信頼関係…。
こんな人になりたい、というか、こんな人になれたら凄いな。
てか、この人すげーわ!って頭ん中がグルグルする映画。
動いてる人はカッコイイ。
そんなドキュメンタリーでした。

んで、映画終了後は
場所を移動して映画をはしごする予定が…
商店街で3000円以上の買い物(映画代+Tシャツ)でライヴ観れます、
ってスタッフの兄ちゃんが教えてくれるもんだから、
そりゃあ、まあ、迷わず買っちゃうよね!観ちゃうよね!ていう勢いで
いろは会ミュージックフェスを観覧することに!

RIMG8228 (1024x768)

遠くに行くほど時間に余裕もなくウロウロしてみると、
あらゆる掲示板にチラシがっ!
しかもオープンなステージ裏で出演者たちが談笑してたりする!!

RIMG8222 (1024x768)

RIMG8225 (1024x768)

RIMG8219 (1024x768)
(↑談笑する出演者たちを見ているオバちゃん。)


そして、いよいよ夕方頃から始まったライヴといえば、
特設ステージと元々ある屋根のせいで、
まるで「そういうライヴ会場」のような風景!
ハロウィンってのもあり、ただならぬ商店街に!!

sho1 (1024x768)

T字路sは、以前より知ってる歌が増えたせいもあって、
相変わらずのカッコよさを楽しめたし、
エゴ・ラッピンは単独ライヴみたいなノリで、
毎年恒例の年末ライヴの曲目(リハ)なんじゃないか!?
って思うほどのベストな選曲!なんか得した気分!

RIMG8304 (1024x768)

最後は出演者が全員登場でSKAアレンジの「リンゴ追分」っていう
そんな出来すぎたエンディング…、ワタクシは大好きであります!!

急遽、予定外だったけど良い時間を堪能できた
いろは会ミュージックフェス!
来年も気にとめておこうと思います!
(あと、この近所だという友達ん家にも転がり込む予定!笑)


というワケで本日は、
なにを歌ってもモノにしてしまうこの2組が歌った
この名曲を置いてどろんいたします!
きっと、美空ひばりも喜んでいるに違いないよっ!


PUSHIM & EGO-WRAPPIN' 「リンゴ追分」



ちなみに、このイベントの来場者数は2000人以上だそう。
こういうの、田舎(地方)でも出来ないもんかねえ。
簡単じゃないことは分かってるけど。

というのも、2020年の東京オリンピックに向けて
大きい会場が一斉に改装工事を始めることになり、
アーティスト達が活動しづらくなる?ていう2016年問題があって。
条件やら色々と難しいとは思うけど、
市や県が動いて、商店街じゃなくても文化会館とかを
有名なアーティストが回ってくれたりしたら、
ふだん音楽を観る機会がない人たちの心が潤うんじゃないなかあー
って思っちゃったりして。

この問題が どう動くか、続報が気になるところっす。


ではでは。





pagetop ↑

オハラ☆ブレイク '15 夏

2015.12.05(Sat)

『2015 LIVE / EVENT』 Comment(2)Trackback(0)
はい、こんばんは。


ダチョウ倶楽部の「聞いてないよー」の頃から思ってるけど
普段ちょいちょい使う言葉をギャグにされると困るのである。
「そんなの関係ねえ」や「なんでだろう?」もソレだ。
と言っても、その辺は「わ、古い!」つって笑える範囲なんだけど、
「ちょうど一年前…」って声に出した瞬間に、虎舞竜、いるよね。
「この道を通った夜ぅ~」って近寄ってくるよね。…笑えない。

誰にも突っ込まれはしないんだけど
「い…今の狙ってないからねっ」
ていう言葉を用意してるバカな俺なのです。
「流行」は時に罪である。


流行といえば「音楽フェス」。
大きいものからコンパクトなものまで、
日本各地で一年中なにかが開催されてる近頃だけど
地方のフェスほど出演者のバランスが整っている、と
根拠のない確信を持つワタクシにやってきた浮いたチケット話。
ありがたく便乗させて頂きました!

初めての福島!
猪苗代湖にてオハラ☆ブレイク '15 夏

RIMG8150 (1024x768)

FullSizeRendera (1024x765)


とにかくこの日は暑くて、友人たちは入場するなり湖で
足をチャプチャプさせておりましたが、
俺はギリギリ日陰ではない林の中を探索(とビール)!

ohara005 (1024x768)

ohara006 (1024x768)


ぐるっと歩き終えた頃に始まった青谷明日香さまのライヴは
お客さんから「福島といえば◯◯」というキーワードを集めて
歌を紡いでゆくワークショップな感じで、
完成した歌がオハラ☆ブレイクのテーマ曲になる…んだったと思う。

RIMG8118 (1024x768)


珍しく(初めてかも?)バンド形態ではなく
ボーカル宮本浩次のソロは「今日は緊張してます」て言いながら
エレファントカシマシの名曲たちを惜しみなく叫ぶ。
エビバデとか、ベイベーとか叫びながら歌う。
コトあるごとに言ってしまうけど、
30過ぎてからのエレファントカシマシはホント沁みる。
歌詞に出てくるようなエピソードを持ってなくても鳥肌と涙もの。

RIMG8122 (1024x768)

RIMG8136 (1024x768)
(↑BRAHMANのTOSHI-LOWとHIATUSの細美武士による漫談とライヴ。笑)


第一声が「地毛です」だったハナレグミ(笑)。
どーにもこーにも、ずるい歌うたい。
「暑いから座って聴いてね」と言っても座らない観客を見兼ねて
「みんな見てると心が痛い」つって立って歌うズルい優しさ。
くるりの「男の子 女の子」や「今夜はブギーバック」のカバー、
更には「サヨナラCOLOR」を歌うズルさ。

RIMG8141 (1024x768)

その頃まだ発売前だった「おあいこ」が名曲すぎて、
ただただ観入ってしまうのでした。改めてズルい声だー。
どんだけ「ずるい」かは、この曲で確認ずるべし!




そして、この日の大本命は、
いつか観たいと思ってた大御所!憂歌団(現・憂歌兄弟)!
まさか、こんな近距離で観れるなんて!
しばらく周りの音楽好きに自慢できる!!
おそらく本人たちにしか分からないギターのアドリブがあって、
それに対して「今のイイね!」な表情を見せてる(ように見えた)
オッサンたちの音遊び(ライヴ)!
カッコ良かったなー、いい声だったなー、シビれたー

ohara001 (1024x768)


というワケで本日は、
憂歌団の代表曲であるコチラを置いてどろんいたします!
もちろん、この日も一番盛り上がるタイミングで披露されてました!


憂歌団 「おそうじおばちゃん」



もう12月だってのに、ブログが夏ネタ…。
でも公式ホームページのフォトギャラリー
おととい更新されたらしいっすよ!(笑)
誘ってくれた先輩と友人、前日からの小旅行も含め、
だいぶ楽しめました!ありがとうございました!


ではでは!





pagetop ↑

山のおんぶ2015、おわる。

2015.11.03(Tue)

『2015 LIVE / EVENT』 Comment(0)Trackback(0)
はい、こんばんは。


祭りのあと、だ。
今年も夏が終わってしまった、という余韻。

毎年、どんなに寒い日が続こうが、
カレンダーが秋を迎えようが、「山のおんぶが終わるまでが夏!」
と勝手に決めている(言い聞かせている)。
なので、そろそろ涼しくなってきたことを認めます。
前夜祭での半ズボンが浮いていたことも認めます(笑)

yama2015i (960x720)

yama2015 (1024x768)
(↑前夜祭。燃え上がるムシオクリ。生で観ると、より感動的。)


今年の山のおんぶは、始まる前からスゴくエネルギーが溢れていた。
それは毎年のことなんだけど、今年は関係者は勿論、
周りの熱もスゴかったように見えた。

イベントを仕掛ける先輩や友人が多い環境なので、
色々を見聞きする機会があるけど、
当日出店予定の人たちが、開催一週間前の設営を観に
会場へ足を運ぶほど楽しみが溢れ出しちゃってるイベントって、
ハッキリ言って ほかにはないと思う。

俺だってね、平日休みだったら、
差し入れに行きたかったですよ!←仲間に入れなかった(涙)

yama2015h (960x720)

yama2015a (768x1024)
(↑ステージエリアは昼過ぎから、座る場所がないくらいの人の数!)


分かっちゃいたけど今年も山のおんぶは面白かった。
森の中のデッキエリアには、かしまし工作室による
賑やかな「みずたま万博」ブースがあったり!
地元の職人さんに着目したKIZUKI THEATERの映画上映があったり!
落ち着いたイメージだったエリアに新しい遊び心が出現して
今までにない表情を見せた、いい違和感!

yama2015b (1024x768)

yama2015c (768x1024)


この日に向かって、一つ一つ色んなエネルギーが動いてるんだなあ、と思うと
そりゃあ自分を含むボランティア・スタッフにも伝染するってもんですよ!

「やりたい!ってボランティア・スタッフが集まるイベントは
 なかなか無いんじゃない?」とは、某先輩の言葉だ。

そして、あくまでも「不確かな情報」と「個人的視点」だけど、
どの駐車場も満車だったにも関わらず
前回のような大渋滞がなかったと聞いていて、
最寄り駅からのバスが混んでいたというウワサを聞きました。
(※時間帯にもよると思うけど)
明らかに去年より来場者数が増えてるはずなのに、
状況が悪化してないというのにはホントに驚いた。

yama2015e (1024x768)

yama2015f (1024x768)
(↑たまあーとさんのワークショップでは、上のムシオクリ写真を葉書(葉描)にして頂きました!)


それと、撤収作業を終えた帰り際、本部に寄ったら、
いくつか届けられていた落し物の中に、
「いやいや、これは落し物じゃないでしょ!(笑)」て
ツッコミを入れてしまったモノがあったんだけど、

「いいのよ。こうやって拾って持ってきてくれることが嬉しいじゃない。」
と、某お母さまに言われ、ああ確かに!と思った俺なのです。

今年は八千代市で活動しているゴミ拾いCREW=
YACHIROCKが会場を巡回(練り歩き)してくれていたのもあり、
ひょっとしたら会場にいる人たちに落ちてる物やゴミへの意識が
自然と高くなってたのかも知れないすね。

だとすると、「山のおんぶ」は…
やる側 / 出る側 / くる側の「気」が良いバランスで出来ていて、
なんつったらいいか分かんないけど、すごく「お祭り」だな、
ワッショイしてるな、すごく優しい人たちで出来てるな、って
一週間経った今、しみじみ思えております。

ライヴのセットチェンジの時に主催者がMCで
「来年を目処に」って話してたけど、どういう節目を迎えるのか。
言葉だけ聞くとね、少し淋しく感じちゃうけど、
きっと、また、今年より大きくて楽しい「気」が集まるんだろうと思う。
ひとまず来年の10月が今から楽しみです!


今年も、年に一度の別格なワクワク。
山のおんぶにありがとう!!

yama2015j (1024x768)


いい天気、いい場所、
いい食べ物、いい買い物、いい音楽。
いい人たちと、いい笑顔。
千葉の誇り、山のおんぶ。


ではでは!



pagetop ↑

▼ プロフィール

ヨシモト・イシハラ

Author:ヨシモト・イシハラ
 
ただただ音楽中毒。
人格の95%を友達・音楽・
ライヴ・映画・お笑い…で構成。
残り5%は弱気。
もれなく喘息持ち。
そして激しく汗っかき。
いろいろ告知する男。

J-POP全般と洋楽HIPHOP、SOUL、WORLDを中心に
時々SOUND TRACKを聴きつつ
まだまだ、ひたすら耳は貪欲。

ヨッチャンと呼ばれ、
手書きでPOP書いたり、
看板書いたり、
たまにイベント仕掛けたり、
主に楽しい場所に出没。

嗚呼、愉しき我が心。

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QR

pagetop ↑

Copyright © 2017 ヨシモト・イシハラ all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。