スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

PLAYERS

2018.03.18(Sun)

『ART / EXTHIBITION』 Comment(0)Trackback(0)
はい、こんばんは。


土日のために生きている。
そう言っても過言ではないワタクシですが、
昨日は体調が優れず20時前にくたばってしまい、
今日は控えめに過ごした日曜なのだ。
暑いのか寒いのか。身体が追いつかない。
風邪なのか花粉症なのか。夜の咳が止まらない。
今まで頑なに認めたくなかった花粉症をようやく認めたものの、
ツライほどの目の痒さ・くしゃみがあるワケではないし、
ごく普通のかぜ薬で何とかなってる現状だけど、
めまぐるしいのよ、春。

今日は西荻窪で開催の
西荻ラバーズフェスに行きたかったのにさー…。
たしか今回で一旦終了だったはず。
天気も気持ちも曇りがちでしたよ。
中山うり、観たかった…。嗚呼。


そんなやるせない気持ちで居たら、毛糸でアートする友人
Kodai world com(以下:毛糸男)から素晴らしい連絡が!
「え、それ言いふらしていいの?」って聞いたら、
「まだ内密で!」つうことなので、
口の堅いワタシです、ジャーマネと呼ばれるワタシですよ、
でも応援したい気持ちがあります故、告知にも似た言葉をひとつだけ!

毛糸男、年度始めに何かやるってよ!!


さっ、抑えきれない気持ちをそーっと吐き出したところで、
せっかく写真が残っていたので、
去年11月に渋谷にあるGallery Concealで行われた
「PLAYERS」という展示会(3人展)の話を。

2018031801
▲オープニング・パーティーで描いたというライヴ・ペインティング。


開催前から「今度の展示会やばいっスよ」と
毛糸男ことKodai world comに聞いていたので、
にょろっと顔を出しに行ってきたのですが、
そりゃもう、ド偉いことになってましたよ!
「毛糸で描く」という驚愕…いや、変態な作家の近くには、
やはり同じような濃いい作家さんが集まるワケだ!

2018031802
▲Kodai world comの作品たち。


けして広くない真っ白な部屋に展示された作品たち。
毛糸作品は相変わらずの唯一無二感でインパクト大なんだけど、
ほかのお二方の作品が男心をくすぐる!
しかもSNS等で詳しく紹介・説明しないもんだから(笑)、
実物を見て知って痺れるパターン!

2018031804
▲detellさんの作品たち。


このdetellさんの、コントラストというか色遣いというか、
たくさんの色が乱雑に混ざってるのに、ちゃんとカッコいい!
色の組み合わせが上手な人を尊敬します!
あと、こういう絵が似合う部屋に住みたいワタシです(笑)
ちなみに写真の左上の作品のタイトルはハンドパワー。

2018031803

2018031805
▲KAZUMA FUJIWARAさんの作品たち。


そして、KAZUMA FUJIWARAさん。
写真では伝わりづらいけど、絵に見えちゃうコレ!
実はレコード(アナログ盤)!
ものすごく簡単に言っちゃうと、
紙ではなくレコードを素材にした切り絵!
ところどころ不自然な場所にある円(まる)は
レコード盤の真ん中にあるタイトルが書かれたラベル!
ということは大きい作品はレコードを何枚も使って広げてるっつうことですよ、奥さん!
しかーも、なーんと!
描かれた音楽家(又はグループ)のレコードを使ってるという強烈なこだわり!!

んで、作品を見ても分かる通り、
3人共ブラック・ミュージックやジャズを中心に
音楽愛が溢れすぎてて、お客さんとの会話も面白かった!
多分だけど、お客さんも嬉しかったりするんだよね。
普段 周りと音楽の話をする機会がない人って多いと思うし。

数ヶ月経った今でも、同じベクトルを持った3人が
上手く集合した展示会だったなあーって、少し鮮明な思い出。


んで、最後にもう一度だけ小声で言うけど、

毛糸男、年度始めに何かやるってよ!!


というワケで本日は、つい最近知った
NONAMEという女性ラッパーの音源を置いてどろんいたします!
歌詞は黒人社会のリアルを歌ってるみたいだけど、
音はオシャレだし、好きな人多いかも!


NONAME 「Casket Pretty」



まだまだ気温差が続くみたいなので、
どちらさまも体調にお気をつけあれ!

ではでは!


---------- ---------- ---------- ----------
スポンサーサイト

pagetop ↑

こまちだたまお原画展×PATISSERIE CUISSON

2017.02.10(Fri)

『ART / EXTHIBITION』 Comment(0)Trackback(0)
はい、こんばんは。


イラストが描ける人を尊敬してやまない。
というか、イラスト以外でも
自分にない技術や才能を持っている人を尊敬してやまない。
なので、なにも持ってないワタクシは、
ほぼほぼ「あんなこといいな できたらいいな」と
国民的アニメの歌詞を唱えながら生活しておるのです。
が、その作品を観たときに
気の利いた言葉を言えない残念な男なのだ。

むかーし、SNSを通じて知り合った絵描きさんが参加した
ポストカード展に行ったことがある。
会場をグルッと見て回ったあとに「はじめまして~」とご挨拶。
驚きと喜びからかハグも頂き、しばらく談笑。
すると彼は、俺が3~4枚持っていたポストカードに気づき
「なにかイイのあった?」と聞いてきたので、
「これ好きなんだよね~」と関心しながらソレを差し出してみたけど

何故あの時、手に持っていたにも関わらず、
彼のポストカードを「これが一番だよ!」と言わなかったのか。
時々、それを思い出しては気が利かない自分に落ち込むのです。

そんなこともあり、
仲良くしてもらっている作家さんであっても
「作品について何も言えないしなあ…」
「スゲー。しか言えないしなあ…」と思うと、
在廊日に行くかどうか少し考えちゃったりする。

2017021001

11月20日、お世話になっている先輩であり、
一宮にたまあーと創作工房を構える作家である
こまちださんの原画展に行ってきたのだ。

会場であるPATISSERIE CUISSONさんもお世話になってるし、
なんと言っても、この2人から出る同じ熱量(エネルギー)というか
良い意味で男前なところが好きだし、行かねば!と。

2017021002

2017021003

2017021004
(↑ナゾ多き男、オカモチスタ先輩が、珍しく?大活躍した缶バッチ。)


会期最終日。
気の利いたことを言えない自覚を持つワタクシは、
グルッと観てサッと帰ろう。と企んでいたのですが、
こまちださんの説明を聞きながら
相変わらずの「スゲー」を連発しつつ、うっかり長居。

というのも、イラストにある食べ物などのワンポイントに
色がついていたり、字になっている人物たちが
西洋の民族衣装を着ているのはCUISSONさんからの提案だという。
「この場所でやるからには!」という一体感。
「この場所でやるための!」という書き下ろし。
更に、今回のイラストはCUISSONさんのギフト・パッケージのデザインとして
今度も使われる(使われている)らしく、なんか、そういうイイなあーと。
そんなことを思いながらカフェラテを飲み干し、

2017021005
(↑イラストの参考にしたという民族衣装の本。)


んで、それ以外の話といえば、
「コ○エスタ八重樫さんが隣町に住んでるらしい!」とか
身近な世間話と、たまあーとの小さい生徒さんが
いつもと違う少し暗めの装いで作家モードだったこまちださんに
困惑して近寄らなかったり(笑)…
そんな時間を楽しませて頂きました。

そして今回、なにか気の利いたことを言えないものかと
ムズムズする俺は一つだけ突っ込んだのです。
「使ってる紙、ぐるぐる画の紙ですよね?」
…正解だった。良かった。なんかスッキリ(笑)。


というワケで本日は、
この日の会話にも登場したピチカート・ファイヴ。
「ピチカート・ワン」としてゲスト・ボーカルにYOUを迎え、
小西さんがセルフ・カバーしたこちらを置いてどろんいたします!
YOUの声、昔の8cmシングルを捨てられないくらい好き!


PIZZICATO ONE feat. YOU 「戦争は終わった」



ではでは!





pagetop ↑

スノボおじさん

2017.01.07(Sat)

『ART / EXTHIBITION』 Comment(0)Trackback(0)
はい、こんばんは。


2016年は節目というか、たくさんの大事があったように思う。
今のままでいいのかな?と立ち止まる人が居たり、
一区切りを決意した人が居たり、イベントを始めた友が居たり、
出生率が過去最低というニュースが信じられないくらい
周りがベビー・ラッシュだったり…。
名前が覚えられない。その都度 聞くけど許してくれい(汗)

色々あった中でも、ちょいちょい仲良くさせて頂いている、
サーフィンをこよなく愛する男であり 絵描きの
い志ざきがくくん(以下:KIBOKOくん)が絵を担当した絵本
「すべろう!スノボおじさん」の発売は素晴らしい事件だ。
というのは7月、絵本の原画展の話。

IMG_3148 (1024x768)

そうです、夏の話をスノボの季節に更新してしまうオレなのです。
なんなら、逆に良くね?という図々しさも兼ね備えた
確信犯的なソレなのだ。ごめんよ。

2017010703

「スノボが大好きなお父さんが娘に贈った絵本」。

この言葉だけで充分あったかい。
スノボが好きすぎた作者:ヒーロー氏の物語は
誰にでも どの世代にでも通じるあたたかさ。
そこに、のほほんとしたキャラクターが上手く溶け合っている。と思う。

2017010704

一宮町にあるATLANTIC COFFEE STANDで行われた原画展は、
KIBOKOくんらしさが溢れてて、来た人みんながニコニコ。
県外から駆けつけてる友達もたくさん居たんじゃないかな。
そうだよね、めでたいもんね!

2017010705

2017010706

んで、もちろんワタクシも購入しましてね、
せっかくだから「サインしてよ~ん」と言いましたらね、
快くサーッとペンを走らせてくれたんだけど…、
むむ、ひょっとしてKINGKINKをまちがえてらっしゃる!?
と2秒で気づきましてね、ただちに濁音、いただきました(笑)

2017010707

そして好評のまま幕を閉じた原画展は後日、
隣町(いすみ市)にあるカフェ green+でも開催。

なにか絡めないかなあ?と考え、
「本といえば本屋ポップでしょーよ!」と ふと思いつき
勝手にPOPを書いてみたのであります!

2017010708

文章はAmaz※nに掲載されている紹介文から まるパクり。
でも、それではつまらないので、
真ん中に2行ほど自分の言葉を加えてみました。
-シンプルでありながら、人見知り、食べず嫌い、やらず嫌い、
 立ち止まってしまいがちな大人にもオススメ。-



ちなみに「スノボおじさん」は
Amazon Kindle 絵本部門 第1位を獲得!
良い盛り上がりを見せていて、プレゼントにも最適!
まだ買ってない人は気に留めてみてください。

KIBOKOさま、ヒーローさま、おめでとうございます!
そして、刺激をありがとう!うぇ~い!


というワケで本日は、
サーフにもスノボにも似合う、この曲を置いてどろんいたします!
むか~し某ドラマで使われていて、
主題歌より むしろコレが欲しかった高校時代を思い出す(笑)


First Class 「Beach Baby」



い志ざきがくくんは「スノボおじさん」に続き、再び絵本を担当。
元プロ・ボディーボーダーのYUMIEさんの絵本
「ゆめぇちゃんのさがしもの」の今度の展開も気になるところ!

Facebook: https://www.facebook.com/yumehon/


ではでは!





pagetop ↑

紙媒体が好きだ

2016.12.16(Fri)

『ART / EXTHIBITION』 Comment(2)Trackback(0)
はい、こんばんは。


最悪な季節がやってきた。
今日は涼しいから…と羽織ってみるも
歩いてるうちに暑くなってきて手持ちになる上着。
寒いぃ~言うて出かけずに食べてゴロゴロしては変わりゆく体型。
わあ~降ってきたね~つって
ロマンチックを見た翌日は泥と凍結で大混乱。
そんな冬。この季節が苦手だ。


先日(11/27)、寒いし雨が降るのは分かってたけど、
中目黒のBRICK&MORTARに足を伸ばしてみた。
実は初めての中目黒。
何用かっつうと、あれですよ、ZINE SONIC 2016
小冊子や写真集、イラスト集などなど…
詳しくない程度に紙媒体に興味がありますもので。

IMG_4316 (768x1024)


ちなみにZINE(ジン)というのは、すんごく簡単に言うと
西海岸のスケーター達から始まり、
ポートランドやニューヨークあたりで流行っている
個人で自費出版する雑誌や小冊子のことである(たぶん)。

今年は、こういった「紙媒体」に
今まで以上に惹かれた年だったような気がする。

IMG_3293 (1024x768)

IMG_3319 (1024x768)


8月、猛暑というか灼熱だった某日。
渋谷区にあるPADDLERS COFFEEで行われた
CommuneのPOP-UP SHOPへ行ってみたのだ。

IMG_3322 (1024x768)

IMG_3300 (1024x768)

IMG_3312 (1024x768)


お目当てはSNSで知ったオカタオカさんのイラスト集だったけど、
ほかにも様々な形態の小冊子やグッズがたくさんあって、
オシャレだったり、カッコよかったり、
ストリート臭というかアート臭というか、
身近にありそうでないような品々。
好きだなあ、こういうの!
オカタオカさんは雑誌「POPEYE」の挿絵も描いてるんですねー

そして、PADDLERS COFFEEは
おもしろい企画展が多いと友人が教えてくれて、
この後には「旅する八百屋展」ってのをやっとりましたよ!
行きたかったなあー

IMG_4449 (1024x768)
(↑オカタオカさんの小冊子。日本人っぽくないイラストで、とても良い!)


そんな魅力的なものを見たせいか、
生意気にも「自分も何かやってみんべ!」
っつう気持ちになったかどうかは定かじゃないけど、
フォト・ブックなんぞをこしらえてみたりしたのです(ニヤリ)

a (960x960)


いやあー、コレね、正直言うと、うまく商品化できないかな!って
甘い考えと図々しい気持ちが芽生えるほど嬉しいよ(笑)
みんなも作ってみたら どうよ?少し画質の粗さが気になるけど。
いいじゃん、自分いいじゃん!って一週間くらいハッピーだよ(笑)

んで、意外と簡単に作れることが分かったから、
来年なにか出来たらなあーと企んだりしております。
今年は なんとな~くグズッてたので来年こそは動こう!
楽しいことをしよーぜよ!がんばろ!



というワケで本日は、
先日ニュースになったプロデューサー朝本浩文さんの訃報。
彼が関わった作品をYOUTUBEで検索してみる今日この頃ですが、
やっぱり好きだなあーと思うコチラを置いてどろんいたします!

11月に閉店した千葉パルコ内のタワレコでシングル買ったなあ。
先輩はアナログ買ってたよ。 良き思い出。
ご冥福をお祈り申し上げます。


「悲しみの花に」 Sugar Soul



なにやら年末に向けて、胃腸炎が流行中だとか。
みなさま、どうかお気をつけて!


ではでは!





pagetop ↑

SAPEUR展

2016.07.03(Sun)

『ART / EXTHIBITION』 Comment(0)Trackback(0)
はい、こんばんは。


今まで地味な色の服装ばかりを着てきたワタクシですが
昨年末あたりから、なんとなーく
「色入れてみんべ!」っつう意識を持ちはじめ、
誰にも気づかれない程度にコソコソ挑戦中。
気づかれないくらいが丁度いい。
「違和感(つっこまれ)ない=ダイジョブってことだな」と
自分に言い聞かせてみたりして。

とくに最近は、ちょいちょい良くしてもらっている
靴工房さまにて作らせて頂いたサンダル=ワラーチを履きまくり!

あまりにもサンダルのイメージが無いオレなので
即つっこまれちゃうんだけど(笑)、
なんで その色を選んだの?と聞かれたならば答えは簡単。
赤い靴を履いたことがないから、だ。

IMG_2713 (1) (1024x768)

正直、色の組み合わせが昔っからホンっト苦手。
なので、近頃は自分になかった色やモノを自信を持って
着こなせるようになりたいなあ~と思う今日この頃なのです。
例えば、この人たちのように。

コンゴのオシャレ紳士集団、SAPEUR(サプール)。
3ヵ月前、西武渋谷にて行われたSAPEUR展に行ってきたんす。

IMG_2189 (1024x768)

平均月収3万円の貧困な生活状況の中、フランス領だったこともあり、
給料の大半をファッションにつぎ込み、おしゃれを楽しむ彼ら。
「無駄な争いで服を汚したくないのさ」という言葉に、
装うことやファッションが、平和の維持に貢献している。
(ネット記事より)

よく行く床屋さんが教えてくれるまで全く知らなかったけど
本(写真集)が出てたり、テレビで取り上げられたり、
周りにもコレを知る友人がたくさん居て、
気になってた矢先での写真展。 当然、行きますとも!

カラフルな服を着こなし、町のスターであり憧れ。
町を歩いてる姿やキメキメの写真もカッコイイんだけど、
書いてある言葉も、なかなか。

IMG_2177 (1024x768)
(↑「ダサい格好じゃ始まらない。神様もそう思ってるに違いない。」)

IMG_2172 (1024x768)
(↑「悪を拒絶し、美というものしか受け入れない。それこそがサップの定義。」)

IMG_2182 (1024x768)

んで、じっくり会場内を見て読んで回ってたら、
奥からお客さんの悲鳴にも近いザワザワが。
これを撮った写真家さんが来てんのかな?って思ってたら、
遠くから堂々とゆっくり近づいてくるシルエット…!

まさかのご本人、サプライズ登場!!
(最終日の1日前っつう中途半端な日だけに余計びっくり!!笑)

IMG_2179 (1024x768)

一人一人にハグや拳を合わせてくれて、
「よく来てくれたね」「どんどん撮ってくれ」ってな具合に
いろんなポーズをしてくれる!(笑)
その様子はホントに自信に満ち溢れていて、
なんかね、グッド・ヴァイブスもらえた気がする!
とくに話したりしてないけど、会えてよかったー!みたいな。

ホームページがあるワケじゃないし、
頻繁に情報が更新されるような方々ではないけど、
なにか持ってる このオシャレ紳士集団を
今後も気に留めて行こうと思います。 コンゴだけに。
(…こんな最悪な締め方を許してほしい。…汗)


というワケで本日は、
コンゴと言えばKONONO No.1を選ぼうか!と思いつつ、
なにやら精力的に活動しているQUANTICの新作
ちょっと良さ気なのでコチラを置いてどろんいたします!
アルバムのテーマが「ルーツ・レゲエ」なんだとか!
しかも、スティーヴィー・ワンダーのカヴァー!


QUANTIC Presenta FLOWERING INFERNO
「All I DO IS THINK ABOUT YOU feat. CHRISTPHER ELLIS」




今回、サンダルを作らせてもらった小高善和靴工房さまは、
あらゆる場所でワークショップを開催中。
詳しくはホームページをのぞいて見るよろし。
http://odakayoshikazu.p2.weblife.me/


ではでは!




pagetop ↑

▼ プロフィール

ヨシモト・イシハラ

Author:ヨシモト・イシハラ
 
ただただ音楽中毒。
人格の95%を友達・音楽・
ライヴ・映画・お笑い…で構成。
残り5%は弱気。
もれなく喘息持ち。
そして激しく汗っかき。
いろいろ告知する男。

J-POP全般と洋楽HIPHOP、SOUL、WORLDを中心に
時々SOUND TRACKを聴きつつ
まだまだ、ひたすら耳は貪欲。

ヨッチャンと呼ばれ、
手書きでPOP書いたり、
看板書いたり、
たまにイベント仕掛けたり、
主に楽しい場所に出没。

嗚呼、愉しき我が心。

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QR

pagetop ↑

Copyright © 2018 ヨシモト・イシハラ all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。