28年目のサンライズ

2018.02.22(Thu)

『DIARY』 Comment(0)Trackback(0)
はい、こんばんは。


一月どころか、二月もだいぶ時間が経ってしまいましたが、
遅ればせながら明けましておめでとうございます!
いつまでも頼りないヤツですが、今年もよろしくお願いします!

昨年は色々ありました。
転職という、そこそこの大事件。
自分で決めたこととは言え、それはそれは目まぐるしく大変で、
たくさんの友人に、たくさんの愚痴や弱音を聞いてもらい
助けて頂いては、心配をかける日々でした。
ちょいちょい声をかけてもらって、
キャンプとか開放的な場所に連れ出してもらったり、
茅ヶ崎にドライヴも連れてってもらったなあー。
ホントありがとうございました!

今は少し気持ちに余裕ができた?気がするので、
引き続きがんばって行こうと思っとります。
約一年くらい、綴る余裕がなかったコレも更新しちゃうぜいっ!
というのも、今年は(今年も)ぜったい良いことがあるはずから!
だって今年の初日の出、ここ数年で一番キレイだったからね!
焦らすことなく顔を出してくれました!めでたいよ!

2018021901

2018021902

2018021903


んで、相変わらず幼なじみ達が集まった大晦日からの初日の出。
28年目だよ(たぶん)。
いつまで続ける?なんて誰も言わない。
もう何年も「今年どうする?」なんて連絡もない。
毎年23時45分くらいに、いつもの場所に集まっちゃう。
「ういー、おつかれー、寒いねー」て言いながら。
なんだろう、この不思議な関係は。
年々ありがたさを感じております。
そして今回も問題なく健康で会えて良かった。
ちなみにオレが少し遅刻したのは、
安室ちゃんと桑田佳祐が見たくて
紅白歌合戦に見入って支度をしてなかったからだ。すまねえ。


んで、今年も年賀状を制作しました!
自分で撮った写真に字を書くという新しい挑戦!

なにか「HAPPY NEW YEAR!」以外の言葉がほしくて
今年は「HAVE A GREAT YEAR!」にしました。
「素晴らしい一年を!」っつう感じで。

2018021904


何もする気がしなかった正月休みと、
正月明けからハガキの値段が変わるっつうトラップがあったので、
だいぶ後回しにして遅い投函になっちゃったけど、
年賀状をイベントとして楽しんでる身としては
勝手にやり遂げた感に満ちております(笑)

去年は忙しさに負けて何もできなくて、
なんだか自分の数少ない長所を失ってしまったかも知れないなあ…と
振り返ったというか反省というか。
だから今年は動こう!活動しよう!というメラメラを持って
2018年を駆け抜ける所存です!(やや本気)


というワケで本日は、2018年一発目の更新ということで、
去年、浴びるほど聴いたコチラを置いてどろんいたします!
ある時期、疲れが溜まってたのか
「ペトロールズ観に行けなかったら、仕事辞めたる!」
っつう勢いで有休を取ったんだけど、
会場で久々の再会もあったりして、いい夜だったなあー
6年ぶり?だったのに、速攻で見つけてくれてビックリ!(笑)

んでは、シングル「SIDE BY SIDE」から、この名曲を!


PETROLZ 「ZIKI」



数ヶ月前、「最近なにも出来てないんですよぉ…」
と漏らした何気ない会話の中で、ふと先輩から出た
「それはマズイね、あれ(字)は唯一無二だからね」という言葉。
今も時々思い出しては、励みになってます!
ありがとうございます!


今年は(今年も)良い年にしましょうね、健康で!
ではでは!


---------- ---------- ---------- ----------
スポンサーサイト

pagetop ↑

EGO-WRAPPIN' memorial live 日本武道館

2017.02.28(Tue)

『2016 LIVE / EVENT』 Comment(0)Trackback(0)
はい、こんばんは。


そういえば近頃、音漏れを聴かなくなった気がする。
前は電車でもバスでも、窓に寄りかかる疲れてそうな若者の
イヤホンからは音漏れは付き物だったのに。
スチャラカ、スチャラカ。
あまり携帯音楽機器に興味がないので、
性能が良くなったのかな?と勝手に解決済みなのですが、
そうなると車からの音漏れが問題なのだ。
思ってる以上にドアは薄く、思ってる以上に外に聞こえている。

先日、歩いていたら、横を通り過ぎた「夜露死苦」系の車から
クラシックが大音量で漏れていて不可解な気持ちになったり、
会社の駐車場では後輩の車から
濁音でしか表現できないほどの轟音が漏れていたのだ。
大人しかった彼に何が起きたのか。
チャットモンチーが好きだって言ってたのに。

自分も気をつけなければならない。
仕事帰りのコンビニの駐車場、隣に止まった上司が車から降りて、
窓越しから手を振ってくれたのだけど、
たぶん漏れてたと思う…「結婚しようよ」。
ちなみにハンバートハンバートによるカバーだ。
最近も同じく漏れていただろうよ…「みずいろの雨」。
これに関しては中納良恵のカバーであることを強調したい。
人生で2番目に好きなシンガーは中納良恵さんです。
これは何回でも言っちゃうぜ。

そんな中納良恵が在籍する
EGO-WRAPPIN'の日本武道館ライヴに行ってきたのだ。

2017022801

2017022802
(↑20周年記念本には、森ラッピン×知久寿焼(元たま)×佐藤良成(ハンバートハンバート)の対談!)

いくら20周年記念だからって会場が大きすぎるでしょーよ。
と思うておりましたが、本人たちもインタヴューで
「日本武道館を目標にしてきたワケではない」みたいなことを言っていて、
あるライヴ動画(某レコード店の屋上かな?)を観たら
「チケット予約したよ!」という観客からの声に
「焦らなくても取れるでしょう!」と返してしまう(笑)。
そういう正直なところも含めて、やっぱ彼らが好きだ。

メモリアル・ライヴ。
彼らが(彼らに)関わってきた面々と言えば
魅力的なアーティストばかりで、これまで一緒に演った人を考えると、
今回は錚々たるゲストが出てくるかも?と
少し期待してたけど、良い意味で裏切られました。
お世話になっているドラマーを3人ゲストに招く構成。

そうだよね、その辺のチャラチャラした若手と違って
feat.を全員集合みたいなことはしないのだ。尖ってる!
それに20周年を記念したベスト盤にカバー盤が付いてるのに、
一曲もカバーを演らないというセットリストも尖ってる!
アンタたち、ギザギザハートの子守歌より尖ってますよ、マジで!
てか、ぜんぜん媚びてないんだよね。ホントかっこいい!



20年を振り返るような曲目は初期の音源も多かったりで、
個人的にずーっと生で聴けるのを楽しみにしてた
「Byrd」とか「水中の光」、そして一部分をアカペラで歌い上げた
「色彩のブルース」には鳥肌を立てて聴いておりました。
代表曲も ほぼ網羅してたし、武道館に負けてなかったと思う。
(ホントは顔の表情が見えるくらいの会場で観たいけどねー)

ただ、ワタクシ実は…、歌ってほしかった曲が一曲ありましてね。
是非これ(下の動画)を聴きたいので、
これまた会場に行かなきゃいけないなあーと思っていて、
21年目の彼らも追う決意をここに表明いたします!


というワケで本日は、
初期のミニ・アルバム(廃盤)収録曲であり、
メジャー1stアルバムで新しく録り直ししている歌。
20年を総括する上で、何故これを歌わなかったのか。
不思議でならないコチラを置いてどろんいたします!


EGO-WRAPPIN' 「Calling me」



そーいえば、会場には音楽好きの友人たちが別々で来ていて、
ステージ上で森ラッピンが「最後に一曲かけて良いですか?」つって
レコードに針を落とした曲を友人の一人が調べてくれました!
コチラだそうですよ、奥さま!

Margie Day / Much Too Long
https://youtu.be/CWafvUESSW0


ではでは!





pagetop ↑

▼ プロフィール

ヨシモト・イシハラ

Author:ヨシモト・イシハラ
 
ただただ音楽中毒。
人格の95%を友達・音楽・
ライヴ・映画・お笑い…で構成。
残り5%は弱気。
もれなく喘息持ち。
そして激しく汗っかき。
いろいろ告知する男。

J-POP全般と洋楽HIPHOP、SOUL、WORLDを中心に
時々SOUND TRACKを聴きつつ
まだまだ、ひたすら耳は貪欲。

ヨッチャンと呼ばれ、
手書きでPOP書いたり、
看板書いたり、
たまにイベント仕掛けたり、
主に楽しい場所に出没。

嗚呼、愉しき我が心。

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QR

pagetop ↑

Copyright © 2018 ヨシモト・イシハラ all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.