スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

PLAYERS

2018.03.18(Sun)

『ART / EXTHIBITION』 Comment(0)Trackback(0)
はい、こんばんは。


土日のために生きている。
そう言っても過言ではないワタクシですが、
昨日は体調が優れず20時前にくたばってしまい、
今日は控えめに過ごした日曜なのだ。
暑いのか寒いのか。身体が追いつかない。
風邪なのか花粉症なのか。夜の咳が止まらない。
今まで頑なに認めたくなかった花粉症をようやく認めたものの、
ツライほどの目の痒さ・くしゃみがあるワケではないし、
ごく普通のかぜ薬で何とかなってる現状だけど、
めまぐるしいのよ、春。

今日は西荻窪で開催の
西荻ラバーズフェスに行きたかったのにさー…。
たしか今回で一旦終了だったはず。
天気も気持ちも曇りがちでしたよ。
中山うり、観たかった…。嗚呼。


そんなやるせない気持ちで居たら、毛糸でアートする友人
Kodai world com(以下:毛糸男)から素晴らしい連絡が!
「え、それ言いふらしていいの?」って聞いたら、
「まだ内密で!」つうことなので、
口の堅いワタシです、ジャーマネと呼ばれるワタシですよ、
でも応援したい気持ちがあります故、告知にも似た言葉をひとつだけ!

毛糸男、年度始めに何かやるってよ!!


さっ、抑えきれない気持ちをそーっと吐き出したところで、
せっかく写真が残っていたので、
去年11月に渋谷にあるGallery Concealで行われた
「PLAYERS」という展示会(3人展)の話を。

2018031801
▲オープニング・パーティーで描いたというライヴ・ペインティング。


開催前から「今度の展示会やばいっスよ」と
毛糸男ことKodai world comに聞いていたので、
にょろっと顔を出しに行ってきたのですが、
そりゃもう、ド偉いことになってましたよ!
「毛糸で描く」という驚愕…いや、変態な作家の近くには、
やはり同じような濃いい作家さんが集まるワケだ!

2018031802
▲Kodai world comの作品たち。


けして広くない真っ白な部屋に展示された作品たち。
毛糸作品は相変わらずの唯一無二感でインパクト大なんだけど、
ほかのお二方の作品が男心をくすぐる!
しかもSNS等で詳しく紹介・説明しないもんだから(笑)、
実物を見て知って痺れるパターン!

2018031804
▲detellさんの作品たち。


このdetellさんの、コントラストというか色遣いというか、
たくさんの色が乱雑に混ざってるのに、ちゃんとカッコいい!
色の組み合わせが上手な人を尊敬します!
あと、こういう絵が似合う部屋に住みたいワタシです(笑)
ちなみに写真の左上の作品のタイトルはハンドパワー。

2018031803

2018031805
▲KAZUMA FUJIWARAさんの作品たち。


そして、KAZUMA FUJIWARAさん。
写真では伝わりづらいけど、絵に見えちゃうコレ!
実はレコード(アナログ盤)!
ものすごく簡単に言っちゃうと、
紙ではなくレコードを素材にした切り絵!
ところどころ不自然な場所にある円(まる)は
レコード盤の真ん中にあるタイトルが書かれたラベル!
ということは大きい作品はレコードを何枚も使って広げてるっつうことですよ、奥さん!
しかーも、なーんと!
描かれた音楽家(又はグループ)のレコードを使ってるという強烈なこだわり!!

んで、作品を見ても分かる通り、
3人共ブラック・ミュージックやジャズを中心に
音楽愛が溢れすぎてて、お客さんとの会話も面白かった!
多分だけど、お客さんも嬉しかったりするんだよね。
普段 周りと音楽の話をする機会がない人って多いと思うし。

数ヶ月経った今でも、同じベクトルを持った3人が
上手く集合した展示会だったなあーって、少し鮮明な思い出。


んで、最後にもう一度だけ小声で言うけど、

毛糸男、年度始めに何かやるってよ!!


というワケで本日は、つい最近知った
NONAMEという女性ラッパーの音源を置いてどろんいたします!
歌詞は黒人社会のリアルを歌ってるみたいだけど、
音はオシャレだし、好きな人多いかも!


NONAME 「Casket Pretty」



まだまだ気温差が続くみたいなので、
どちらさまも体調にお気をつけあれ!

ではでは!


---------- ---------- ---------- ----------
スポンサーサイト

pagetop ↑

雨の日は読書

2018.03.10(Sat)

『DIARY』 Comment(0)Trackback(0)
はい、こんにちは。


年度末だからっつう理由でもらえた有休消化(連休)。
それを利用して絶景を観に県外へ行こう!羽根を伸ばそう!
と思ってネットで検索しまくってたのに、連日悪天候ではないか。

んまあ、それならそれで
少し遠い市外にある気になってたカフェへ行ってみようと、
妥協とはいえウキウキしながら車を走らせてたら、
SNSにて「悪天候のため臨時休業します」のお知らせ!
片道約1時間半以上をあと30分で到着するタイミングだったのに。
あたしゃ羽根が折れましたよ。ついでに途方にも暮れちゃいました。
ほかに寄れそうな場所も今日にかぎって閉店時間が早かったり。
もう帰るべえって、いつも以上に猫背。

ならば今日は、勢いで買っては
読まずに重なっている書籍たちを崩して行こうじゃんか!
という焼け酒ならぬ焼け読書。


少し前の話。目黒の学芸大学エリアで
いつも気になる企画展を行なっている帽子屋Viridianの店主さんが
古本屋流浪堂さんの店内にあるギャラリーで
個展を行うというので行ってきたのだ。

2018031001

2018031002


ちょっと待ってくれよと。
古本屋さんのギャラリーで帽子屋さんの個展?
どういうこと?て思うでしょ。
こういう面白い繋がりをこのViridian(帽子屋)さんは
足を運ぶたびに教えてくれるのです。ありがたい!
この日は、以前もらった「学芸大学→祐天寺・お散歩マップ」を握りしめて町をぐるぐる。

中でも、やはりSUNNY BOY BOOKSの見た目と
売られているアート寄りの本とか、イラスト系の雑貨・グッズ。
このお店、あたしゃ好きよ。また行きたいアルヨ。
とはいえ、本に詳しいワケではないので
これ面白そう!楽しく読めそう!ていう
軽めのリトルプレスを買いました。「映画横丁」

2018031003

2018031004


映画好きの編集人が、一人で映画を観たあとに、
ちょっと酒場によって誰かと映画について語りたい時がある。
ていう思いから、毎回お酒を絡めたテーマで作られている一冊。
知らない新旧のタイトルが知ってて当たり前のようにザクザク出てきて、
はっきり言って追えないんだけど(笑)。
でも掲載されてる対談もエッセイも映画愛が溢れすぎてて読んでて楽しい!

ここ最近「週に一本は映画(DVDや録画を含む)を観たいなあ」
と企んでいる自分には、とても参考になる小雑誌でした。
読書の休日も悪くないね(笑)


というワケで本日は、今もよく聴いてる
映画「シェフ〜三ツ星フードトラック始めました」
サウンドトラックの中から、こちらを置いてどろんいたします!


Gary Clark Jr. 「WHEN MY TRAIN PULLS IN」



さー、今日こそ出かけよう!
みなさまも納得の行く週末を!(笑)

ではでは!


---------- ---------- ---------- ----------

pagetop ↑

▼ プロフィール

ヨシモト・イシハラ

Author:ヨシモト・イシハラ
 
ただただ音楽中毒。
人格の95%を友達・音楽・
ライヴ・映画・お笑い…で構成。
残り5%は弱気。
もれなく喘息持ち。
そして激しく汗っかき。
いろいろ告知する男。

J-POP全般と洋楽HIPHOP、SOUL、WORLDを中心に
時々SOUND TRACKを聴きつつ
まだまだ、ひたすら耳は貪欲。

ヨッチャンと呼ばれ、
手書きでPOP書いたり、
看板書いたり、
たまにイベント仕掛けたり、
主に楽しい場所に出没。

嗚呼、愉しき我が心。

▼ 最新記事
▼ 最新コメント
▼ 最新トラックバック
▼ 月別アーカイブ
▼ カテゴリ
▼ 検索フォーム
▼ RSSリンクの表示
▼ リンク
▼ ブロとも申請フォーム
▼ QRコード
QR

pagetop ↑

Copyright © 2018 ヨシモト・イシハラ all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。